発酵・醸造の食文化は野田・流山が発祥の地

2017年11月30日 09:53

平成29年11月12日日曜日に、キッコーマン野田本社で、「発醸文化シンポジウム」に
参加しました。
「江戸食文化」の主役は野田の醤油と流山の味醂(みりん)と江戸前がテーマでした。
知人の日本料理人の講演もあり、日本料理の調味料の変遷も参考になりました。

日本料理の「さしすせそ」という言葉を耳にしますが、「さ」は砂糖、」「し」は塩、
「す」は酢、「せ」は醤油・せうゆ、「そ」は味噌を表します。
また、五味とは、甘味、苦味、酸味、塩味、旨味です。

これらの味覚の、醤油、味醂、味噌、酒は、東葛地区の野田市・流山市・柏市で
江戸時代から生産をしていた。

江戸川流域に位置する東葛地域は、荒川・江戸川・利根川と原料としての水、
江戸に運搬する水路としての川、原料としての枝豆・米が豊富であったからと
いわれる。

数回の江戸の大火で、復興のために地方から職人が集まっても、食事をする
建物がなく、屋台文化が発達した。
江戸庶民の食物として蕎麦、鰻、柳川鍋、握り寿司、佃煮、奈良漬けは、
醤油・味醂があれば容易に料理できたので、江戸食文化の味覚には欠かせない
調味料として定着した。

江戸前海は、海では穴子、鰻と魚が豊富だったので、江戸前寿司・佃煮として発達した。

関東東京のすき焼き、親子丼、カツどん、蕎麦、柳川鍋、佃煮等の料理は甘味で
成り立っていると感じています。
さらに、旨味として、昆布・椎茸・鰹節を用い、そこに甘味として味醂・砂糖を用いた
料理が多い。

味噌、味醂、日本酒の製造には、麹(糀)の発酵・醸造(=発醸・はつじょう)文化の
発達があります。

発醸文化の発酵菌・酵母菌は、日本が気候、風土、樽の原料の木、蔵が一致して
いると思います。

発醸を発情と聞こえるのは、調教師から間もなくデビューする予定の、ジオパークボス牡馬の
発情の馬ッケが心配との報告があったものですから。因みに牝馬の発情はフケといいます。

発醸・発情は未来へ向けたエネルギーだ!「おもてなし」、「和食」は日本の文化です。

「納豆く」です。


平成29年11月30日
小関勝紀

遺言書を残そう   第一段  遺言残し相続争い回避

2017年10月31日 09:39

いま、出版社から遺言書の書式等の原稿の依頼があり、準備しているところ
です。

遺言書が残されていない相続争いの悲劇、各種名義変更の煩雑を沢山、
経験している。

ここ数年、公正証書遺言書を作成するため、二人の証人が必要であるが、
その証人として公証人役場に出掛け多く立ち合いますが、高齢者が多く
認知症で記憶の薄い人、耳が聞こえにくい人、手が震えて自分の名前の
署名が出来ない人、足が不自由で車椅子の人、印鑑登録をしていない、
または紛失した人等大変な苦労する事が多い。

因みに、公証人は出張もしてくれますが、出張してもらわなくてもよい早い
時期に心掛けなければならないことを、痛感する日々です。

相続開始した後、自署遺言書があっても、家庭裁判所で検認の結果に内容の
不備、家庭裁判所の検認を受ける前に開封して無効となったこと等、イライラ、
ハラハラです。

公正証書遺言は、確実に公証人役場に保管してくれますので、紛失・検認前の
開封があっても確実です。費用も財産評価普額によりますが、普通およそ50,000円
くらいです。

また、遺言書が残されていても、遺留分減殺請求事件も沢山、経験している。
でも、遺言書は残されていれば、相続開始後預金、有価証券、相続移転登記、
各種名義変更がスムーズに事が進められます。

今回の第一弾では、相続移転登記に関することのみを伝えたいと思います。

相続登記未了による、家屋の空き家対策、土地の有効利用・活用による、
権利者不在での支障のニュースを耳にすることが多いのではないでしょうか。

個人所有は、明治時代から登記であるが、色々な事情から相続移転登記未了
により、強制収容も出来ず利用・活用に支障をきたしています。

相続移転登記は相続人の意志でいつ行ってもよく、義務ではないが、時間が
経過すると、分割協議書を作成して、法定相続人に自署押印が必要となりますが、
次世代の法定相続人が膨大となり、探し出すのに大変なのです。
仮に探し出しても海外在住者、行方不明者、協力してくれない者等大変な
時間・労力・費用を費やします。

財産には「分けにくい財産」、「継ぎにくい財産」とあり、分割できず争いの原因に
なります。引き取りのいない「遺骨」をどうするか、寺も自治体も困っています。

遺言書が存在していれば、相続を受けた者がすぐ行うことが簡素化されます。

いま、日本は超単身時代による孤独死、親族間の希薄化、死別・離婚による
姻族関係の取り消しが多く、法定相続人を探し出しても、分割協議書の自署、
押印が進まず、保留となっているケースが多くなっています。

いま、国も「相続登記の促進」、「受け皿づくり」、「土地情報基盤の整備」と
法制化を急いているが、なかなか加計学園、籠池だのとつまらない追及ばかりで
進まない。

土地の寄付をしたくても、各市町村は受け入れてくれないので、災害等では
整備・復興で積極的に受け付けてくれる、自治体・非営利な団体が所有する
とか、法制化をはからねばならない。

平成29年5月29日(月)から、全国の登記所(法務局)において、各種相続手続に
利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まり、この制度を利用する
ことで、各種相続手続で戸籍謄本の束を何度も出し直す必要がなくなりました
ので、早めに準備しましょう。

日本は明治時代以来、国有地も存在するが、原則土地は個人所有ですが、
私有財産の土地を認めないとして国有地であれば、日本は混乱します。

「相続は争続」、「遺言(いごん)は遺恨(いこん)」を残す。

平成29年10月31日

                                           小関勝紀

海流・潮流

2017年09月29日 14:42

今年は、黒潮が12年振りに、紀伊半島で大蛇行して例年通りの漁ができないという、
ニュースを耳にした。衆議院解散により、10月22は選挙となりましたが、どのような
潮流になるのやら。

黒潮は、赤道から時速7・2kmの小走りくらいの速さで、日本に向かって海の幸の
魚介を運んでくる。鰹(カツオ)、椰子の実も運んでくる。

北朝鮮の発射のミサイルが、襟裳岬上空を通過したと、ニュースがながれましたが、
その襟裳岬の鮭の網元、鮭の加工業者の顧問先に、決算もあり、毎年九月に行く
ことになっているので、今年も訪問しました。

その今年9月9日太陽フレアの巨大磁気嵐により、現地では停電があったり、GPSの
機能が働たらかなかったりとの現象があったとのこと。

私は、小学三年生くらいの時、日高山脈が夜、朱色に染まり山火事と大騒ぎしたのを、
思い出しましたが、これは太陽フレアによる、磁気嵐による、オーロラだったのだと
今になって気がつきました。

そして、ニュースで江戸時代の1770年9月17日の京都の文献に、赤気(じゃくき)といって
オーロラがあったことが、記録されていると聞きました。

鮭は、自分の生まれた川に四年後に、産卵のため帰ってくるのですが、例年の5%しか
水揚げがありません。本来は鮭の稚魚は、大海原に大航海をして、四年後の生還率は
3%とのことです。

鮭(シャケ)は昨年・今年もえりも町、北海道日高沿岸の定置網漁の鮭が例年の5%の、
水揚げ・漁獲量しかなく、網元、鮭の加工業者は困惑していました。
でも、鮭の定置網には鰤(ブリ)の漁獲は多いとの事。秋刀魚(サンマ)は、公海の沖で
他国が漁をするのも原因ですが、秋刀魚・鮭は地球温暖化で海水温の上昇、台風、
雨水の降水量、日本近海の海流の変化、資源量の減少もあるように思われます。
鰯(いわし)・鮭の資源量の減少は、鯨の増加により、稚魚のうちに大量に食べられて
いるのではないかと、云う人もいます。

3・11日東日本大震災の地震・津波の影響で黒潮・親潮の海流の変化があると
思われます。

海流の運動エネルギーによる波力発電・潮流発電が出来るくらい、引力により
引潮・満潮が毎日あるくらい、海流は宇宙と一体となり動いています。

地球誕生以来、この世の森羅万象に宿り、あらゆる自然現象により人間・地球は、
宇宙と一体となって潮流のような悠々と流れていると、この頃は痛感します。
海がなければ人類も誕生していなかったのだから、海には感謝しましょう。

飛躍しますが、夏目漱石の「草枕」の冒頭に、「智に働けば角が立つ」「情に棹させば
流される」「意地を通せば窮屈だ」「とかく人の世は難しい」というが、人生は時代の
潮流に逆らわず自然の流れに身を任せれば何のこと。

流石(さすが)古希を迎える人のいうことに深みがある。

平成29年9月30日

小関勝紀

シェア

2017年09月01日 08:44

近年、シェアハウス、シェアオフィス、カーシェアリング、ワークシェアリング等
シェアという言葉を耳にする。

この度、不本意ながらLINEに登録することとなり、登録したら何十年間も連絡
ない人から返事があり、ビックリしました。「スタンプを送信」、「いいね」とかの
言葉も知りました。

SNSも、情報共有ということではシェアするということとなることで、「シェア」す
るということを知りました。

近年広告も、テレビのビジュアルなCM・コマーシャル、活字媒体のCMより、
SNSによる循環型コミュニケーションのほうが、広告効果が高いといわれている。

「いいね」と自分の友達にタイムライン上にシェアするという。

英語で「株」を、「a share または a stock」といい、配当はSHARE、株券は 
a share certificate 、株主はa  share holderといい、利益を分かち合うことを
意味する。

分かち合うものに、形見分け、痛み分け、引き分けとあるが、遺産相続の
分割も分かち合うものであるが、この頃は「田分者・たわけもの」が多いこと。

遺産分割の方法には、「現物分割」、「換価分割」、「代償分割」の3つの
方法があります。

遺産の中に、目に見えない株である、上場株式でなく同族会社の自社株の
相続が、換金性のない自社株に相続税の課税、この自社株を相続した相続人の
中の会社経営に関係しない、相続人が株主として存在を主張する「かぶき者」
の取り扱いでの、トラブルも発生することがあります。

 ロストはコストにつながる。シェアはエコにつながる。

皆さま「分別のある人」になりましょう。

平成29年8月31日
小関勝紀



女は三界に家なし

2017年08月01日 10:34

学生時代の、哲学の授業で、「女は三界に家なし・定まらす゛」との、講義を受けました。

それから、この「女は三界に家なし」のフレーズを、忘れることは、なかった。

ものの本には、この意味を女は三従といって、幼い時は親に従い、嫁に行っては夫に従い、老いては子に従わなければならないとされるから、一生の間、広い世界のどこにも安住の場所がない。女に定まる家なしと、説明しているものがあった。また、女の三界とは過去・現在・未来の三世のこととも説明があった。男だって親に従い、嫁に従い、子供に従う男が沢山います。

でも本来の意味の「三界・さんがい」は、仏教用語で、欲界・色界・無色界をいい、すなわち全世界のことをいいます。「色」が気になって、覚えていたのかも、しれません。「色男」、「英雄色を好む、豪傑酒を好む」とか言うので私の事のようで。
欲界とは、「欲のある者が住む世界」、色界とは、「肉体と精神は存在するが、欲の無くなった世界」、無色界とは、「欲も精神も消滅した世界」で、精神世界を意味する。
つまり三界とは、地獄から有頂天までの世界のことで、「三界に家なし」とは、地獄から有頂天まで安泰に住むことができる世界はないという意味です。

「欲」では、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の一節に「丈夫ナカラダヲモチ、慾(よく)ハナク、決シテ瞋(いか)ラズ、イツモシズカニワラッテヰル」とあるが、実践したいものです。

家無き子の、私も「無色界」の欲も精神も消滅した世界に生きるのは、まだ早いですかね。

私も来年は人生初めて七十歳の古希を迎えることとなるので、論語の「七十にして心の欲(ほつ)する所に従って矩(のり)を踰(こ)えず」と「三従」ではないが「従心」の歳となるのかな。

先日7月30日に、様似高校の同窓会があり、出席しましたが、皆70歳となりどんな人生を生きてきたことか? 様似高校は、廃校となり、 同期卒業生158名のうち、死亡15名、行方不明19名の名簿をいただき、「人生 色・色」です。
私も気力・体力・知力はあるが、欲と色だけは確実に亡くなりつつあります。

平成29年7月31日
小関勝紀