小樽の人

2011年05月09日 19:00

4月9日に北海道・小樽に行くこととなった。
赤坂のクラブのカラオケ大会で、「小樽の人」を歌って、
優勝をしたことがあった。この歌の歌詩に、塩谷の浜辺、
古代の文字とあるが、一度見学したいと思っていたが、
時間が取れたので見学した。

私のゼミの恩師の井尻正二さんが、小樽の出身ということもあり、
小樽には、何かと縁があった。小樽は、小林多喜二、伊藤整、
吉田一穂、井尻正二と四人の有名人がいる。
井尻正二さんが、逝去して、全国から、考古学、古生物学、
地質学の関係者が集い、鶴見大学で偲ぶ会を三年間開催した。
井尻正二さんは、白菊会といって、自分の遺体を献体したので、
現在も鶴見大学で、骸骨となっているので、いつでも会うことはできます。

その偲ぶ会で、たまたま隣の席に小樽美術館の関係者がいたので、
相続の仕事をした相続人の方から、大畠裕さんという画家の
若い時の絵が持っているが、小樽に還したいと相談を受けていたので、
その話をしたら、さっそく小樽美術館で引き取ることとなり、
還す運びとなったが、私はその絵をみたことがなかったので、
まず今回は拝観しようと思っていた。

その関係者は玉川薫さんという人で、今回会うことができたが、
その絵は生憎現在ほか人の特別展があり、倉庫に保管しているので、
拝観はできなかった。小樽文学館に井尻正二さんのコーナーがあるが、
そのコーナーも特別展があり、倉庫にあるとのことで、拝観することができなかった。

それから、井尻正二さんが出版した、実話が絵本の題材となった、
明治時代に活躍した「消防犬ブン」の銅像に会いに行き見ることができた。
この銅像は、小樽運河を見るようにありました。
小樽の有名人には石原裕次郎、水の江滝子といますが、
榎本武揚のコーナーもありました。
榎本武揚は、伊能忠敬の弟子の子供と紹介されていた。
この人は、蝦夷総裁で、江戸下谷御徒町の旗本に
生まれたひとで、その後いろいろ業績を残すこととなる。

平成23年4月30日
小関勝紀
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kosekikatsunori.blog109.fc2.com/tb.php/17-d25909e2
    この記事へのトラックバック