無事之名馬(ぶじこれめいば)

2014年01月28日 21:32

 前回についで午年に因んでの第二弾です。
有馬記念優勝馬オルフェーヴルが、種牡馬として、五歳で無事引退した。
「無事之名馬」です。

 馬主であった、小説家の菊池寛が、「無事之名馬」といった言葉ですが、
九世紀半ばに、中国の臨済義玄か開いた仏法の一宗派に、臨済宗があるが、
その「臨済録」の中に「無事之貴人・きにん」を名馬と言い換えた言葉です。
まさに「無事之オルフェーヴル」であった。

 都知事選挙の下馬評では、誰が当選するかといわれる、
「下馬評」とは、下馬先で主人を待ちながら、お供の者が噂や評判を交わしていたことから
「下馬評」と言われるようになった。
因みにエイトのボートレースでも、着順の予想は、土手評といいます。

 近年、田舎の北海道・日高の牧場で見かける光景ですが、鹿が異常繁殖して、
牧場で鹿とサラブレッドが一緒に草を食んでいるのです。
馬と鹿で、まさに「馬鹿」である。

 牧場にとっては鹿に牧草をたべられ、馬の食べる牧草がなくなるので、公害問題です。
「馬鹿」とは、サンスクリット語で「無知」を意味する「baka」「moha」の音写
「莫迦・ばくか」「募何・ほか」が転じたとされている当て字と考えられている。

 馬鹿につける薬なし、先生といわれるほどの馬鹿でなしといわれないようにしましょう。
馬酔木・あせびという、ツツジ科の低木の樹木があるが、馬が食べると酔って立てなくなることから、
「馬酔木」というそうですが、その光景は見たことがない。
明治時代の短歌雑誌に、「馬酔木」という名前のものがあった。

 馬頭観音とは、サンスクリット名ハヤグリーバー(hayagriva)の訳で、
六観音の一つで、頭上に馬頭をいただいていることから、
六道の一つの畜生界を済度するといわれ、馬の守護神として広く信仰され、
また馬が濁り水を飲み尽くし、雑草を食い尽くすように、
衆生の煩悩を断尽するとされることからも信仰される。

 馬頭観音で、罵倒観音ではありません、
馬蹄であるハート型の蹄鉄を車のフロントに取り付けるのは、馬は人を踏まないという縁起からです。

 また、外国では、玄関ドーアにハート型の馬蹄を取り付けますが、
上向きの逆にとりつけなければ幸福は逃げてしまうので、下に向けないように取り付けます。

 「将を得んとすれば、まず馬を射よ」といいますから、目標を間違いないようにしたいものです。
今年も人馬一体となって、「馬力」を出していきましょう。

平成26年1月31日
 小関勝紀
スポンサーサイト