FC2ブログ

日本の商業道徳   三方よし、石田梅岩、渋沢栄一に学ぶ 

2021年03月30日 17:26

先日、クライアントの決算打合せに行った事務所の壁に「社是」
として「三方よし」と書かれた色紙の額縁があり、懐かしくて偉そ
うに、この意味を説明しました。

「三方よし」とは、近江商人の経営哲学の一つですが、多くの企業が
社是としていますが採用しています。
「三方よし」は、「売り手よし、買い手よし、世間よし」という考え方です。
同時に対比されるのが、「魂の商人」と言われる、ビジネスの極意と
人生の知恵として、富への道を説いた280年前江戸時代の前中期の
学者・思想家の石田梅岩がいます。

「石門心学」として全国に広がり時代を超えて通用する倫理観として、
現代の「CSR(企業の社会的責任)」の概念を既に持ち、「三方よし」
と並んで日本的経営の原点として生きています。

1970年代頃からの環境問題への意識の高まりや、企業の不祥事が
続く中、CSRという本質的な精神を表現した石田梅岩の思想は、
近江商人の「三方よし」の思想と並んで、「日本のCSRの原点」と
して脚光を浴びている。

石田梅岩は、学んで商人の道を知れば、貪欲な心はなくなり、仁の
心で仕事を努めるようになり、道を外れることなく栄えるのである。
これが商売と道徳を融合すれば、商人の学問の徳であると説いて
います。

また三徳として、「正直」「倹約」「勤勉」という価値観を定説として、
現代の日本人に生きているとされている。要約すると

1.正直こそが、富をもたらす
2.勤勉こそが、安らぎをもたらす
3.倹約こそが、平和をもたらす
4.自立してこそ、強みを生かせる
5.天地自然に即して生きる
6.百年企業が、日本を強くする

勿論、経営学者のピーター・ドラッカーは企業の社会的責任について
論じた歴史的人物の中で、今NHK放映の大河ドラマの「青天を衝く」の
モデルの、かの明治を築いた偉大な人物の一人である渋沢栄一は、
世界的な業績であると言っている。
渋沢栄一のバックボーンとなった理念に、「道徳経済合一説」とあり、
企業の目的が利潤の追求にあるとしても、根底には道徳が必要であり、
国、人類全体の繁栄に対して責任を持たなければならないという説です。

渋沢栄一の夢七訓
夢なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、信念なき者は計画なし、
計画なき者は実行なし、実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、
故に幸福を求むる者は夢なかるべからず。

渋沢栄一の名言
1.もうこれで満足だという時は、すなわち衰える時である。―衰える
2.人は全て自主独立すべきものである。自立の精神は人への思いやり
と共に 人生の根本をなすものである。―自主独立
3.商売をする上で重要なのは、競争しながらでも道徳を守るという
ことだ。 ―道徳
4.全て形式に流れると精神が乏しくなる。何でも日々新たにという
心がけが大事である。 ―精神
5.どんなに勉強し、勤勉であっても、上手くいかないこともある。
これは機がまだ熟していないからであるから、ますます自らを鼓舞して
耐えなければならない。―勤勉
6.ただそれを知っただけでは、上手くいかない。好きになればその道に
向かって進む。もしそれを心から楽しむことが出来れば、いかなる
困難にも くじけることなく進むことができるのだ。―困難
7.できるだけ多くの人に、できるだけ多くの幸福を与えるように行動
するのが、我々の義務である。―幸福
8.信用はそれが大きければ大きいほど、大いなる資本を活用する
ことができる。世に立ち、大いに活動せんとする人は、資本を造る
よりも、まず信用の厚い人たるべく心掛けなくてはならない。―資本
9.そもそも多様は聖人の本色でないとしても、多能なるくらい種々の
経験ある人にあらざれば真正の聖人となり得ざるべしー経験
10.一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、
処世上の第一要件である。―天命
11.人は死ぬまで同じ事をするものでない。理想にしたがって生きる
のが素晴らしいのだ。 ―理想
12.事業には信用が第一である。世間の信用をえるには、世間を信用
することだ。個人も同じである。自分が相手を疑いながら、自分を
信用せよとは虫のいい話だ。―信用

 でも渋沢栄一の言葉で一番気に入っているのは
四十、五十は洟垂れ(はなたれ)小僧
六十、七十は働き盛り
九十になって迎えに来たら
百まで待てと追い返せ

いま、公正証書遺言による遺言執行者としての仕事と相続税申告書の
提出の仕事が終わりましたが、相手は後妻業ビジネスを目的にした
遺留分減殺請求事件がありましたが、裁判も終わり、後妻業ビジネス
という言葉が気になって仕方ない昨今なので、今回のテーマにしました
が、商業道徳の話になってしまいました。

後妻業ビジネス、貧困ビジネス、水ビジネス、葬儀ビジネス、宅配ビジネス、
と商業ビジネスは多様化して色々ありますが、人の弱みに付け込む
ような商業道徳を逸脱した悪質なビジネスも沢山あります。
Businessは略してBIZとも言う。Busyとは、Businessが語源とも言われ
ている。
英文の商取引契約書には、「Business integrity(ビジネス インテグリテイ)」に、
則りという文言がはいります。
誠実な取引に則りという意味ですが、インテグリティでないビジネスには
とかく揉め事が多い昨今です。

仕事柄、どのようなビジネス・商売が儲かりますかと質問される事が多い
ので、いつも面倒くさいので「人の不幸」をビジネス・商売にすると儲かり
ますと答える。
人の不幸のビジネスとは、例として医者・僧侶・弁護士ですと答えるが、
勿論不幸にならないために事前に解決すれば、不幸とはなりません。
「儲かる」と卑しい言葉に思えるが、儲からなければ会社は企業維持
できません。
儲かる人は、「儲」の漢字をバラしてニンベンの人、人の言う事、信じる
者は儲かりますと言われます。
 商いの語源は、商売の事を云う「商い(あきない)」は、古来の形として
物々交換であるが、農民のあいだで、米などの収穫物や織物を交換する
商業が秋に行われたことから、「秋なふ」になったとう説があります。
春夏秋冬でなく「春夏冬・あきない」という店の名前がありますが、秋が
ない(飽きない)という語呂合わせにより、名付けられている店がありま
した。
江戸時代は、身分制度に「士農工商」といわれるように「商人」は身分が
低い存在でした。
でも、武士は商人に頭を下げる時代に変遷する事となりました。
 道徳・モラルは、「道」とは人が従うべきルールのことであり、「徳」
とはそのレールを守ることができる状態をいうと言われています。
今回はあまりモラルを強要すると、モラルハラスメント(モラハラ)となり
ますのでこれで終わります。

令和3年3月31日
小関勝紀
スポンサーサイト



右肩上がり  私の肩は右下がり

2021年03月01日 11:06

経済も経営も右肩上がりが理想です。
今の若者は、右肩下がりの経済しか経験していないという。

しかし、経済は繰り返しで、熱狂、恐慌、崩壊、金融恐慌、バブル
経済と繰り返し、繰り返しです。疾病、伝染感染病も結核・エイズ・
性病・ペスト・スペイン風邪・コレラ、SARS、MERS、新型コロナウイ
ルス等も繰り返しています。

私が43歳くらいの時、右肩・頸椎を強度に打ち肩を痛めて怪我を
した事があり、それから右肩が下がり、後ろ姿を見ると右肩が下
がり、写真に撮るときは顔が右に傾けるので、いい男も形(肩)無
しです。
その原因は当時の三和銀行本店に行かなければならない約束が
ありました。車での移動でしたが、約束時間に間に合わないと分か
り、車から降り京葉線の電車に乗ろうと、高架線の上を見たら駅に
電車が近づいて来たので、電車を見上げながら、乗ろうと全力で
走りました。通路に、自転車の走行を防止するための仕切りに気
づかず真面(まとも)に躓(つまづ)きました。もし、顔から真面に転ん
でいたら大変な大怪我をしたと思っております。
雨の中、柔道の受け身のように、コンクリートの道路に肩から落ち
頸椎を打ち、メガネが飛ばしながら一回転しました。
三和銀行には無事行きましたが肩を激しく打ち、右手が使えず印鑑
の押印が出来ず、また字が書けない状態であったので事務所の所員
に来てもらい代行をしてもらいました。
その後クライアントの整形外科に行き、レントゲンをとりましたが、
肩の骨にひびがはいっているとの診断でした。一週間後に、ヨーロッパ
旅行の計画もあり、ホテルの予約もあり断行しました。
私は気が付かなかったのですが、背中の右肩が鬱血していたとの事
でした。
その後頸椎も打っているので、右手が痺れて大変でした。
また、脱臼もしており、そのままにしておいたので固まってしまい、その後
右肩下がりで顔が右に傾いて、正面からも背中からも見ると傾いている
のが分かります。
毎日思いカバンを持って歩いてので、右肩下がりと言っているが、事実
はこの肩の怪我によります。
でも、私は四十肩、五十肩、六十肩と、腕が上がらないとかの経験はあ
りませんでした。肩甲骨を鍛えると肩凝り、五十肩にならないと聞いては
いたが、先日「肩甲骨剥がし・けんこうこつはがし」の文字の整体師の看
板を見て「剥がし」という文字に驚きましたが、肩甲骨剥がしをやってもら
おうかと考えています。
五十肩にならなくて、腕が上がっても、腕を上げたものは、ゴルフ、カラオ
ケと同じで何一つありません。
ビールのジョツキーを持ち上げる腕の力はあります。
昔は肩で風を切り、今は歩くにも息を切らす、肩を並べられても負けるし、
肩を落とすことも多く、肩を貸すことも出来ず、肩の荷が下りることもなく、
肩で息をする毎日です。
肩を入れる事もなく、肩を持つような事もなく、双肩にかかっていると言わ
れた事もなく、
肩すかしばかりの毎日で、肩身が狭い思いの毎日です。
肩書だけは沢山あり、肩の荷が段々重くなるばかりで、そろそろ肩の荷
を下ろさなければならない歳になりました。

令和3年2月28日
小関勝紀

「論語と算盤」

2021年01月29日 10:05

2021年NHKの大河ドラマは、「青天を衝け」となり、日本資本主義の
父といわれる、渋沢栄一が主人公である。
渋沢栄一は明治時代に「論語と算盤」と説いているが、企業の利益
追求、企業の社会的責任と現代では当たり前ですが、明治時代だ
からこそ先見の明があったという事です。

私は昭和45年大阪万博があった21歳の年に会計事務所に新卒で
就職したとき、会計事務所に雲州算盤を売りに来た商人から枠が
黒檀で、珠が柘植(つげ)で手作りの算盤を、35,000円で月賦の5,000円の
7回払いで購入した事を思い出しました。
当時の会計事務所は、丁稚奉公・滅私奉公での就職した会計事務
所の初任給は28,000円という時代ですから、本人にはこの算盤がど
れくらい高額なものかお分かりになるのではないでしょうか。

さらに、笑い話ですが、算盤がよくできず、簿記がよく理解していない
時の算盤の購入でした。私の葬式の時には、棺桶にこの算盤を入れ
てくれと周りには冗談を言っていますが、算盤の購入が職業会計人の
原点です。
黒檀といえば、注文しておいた父の位牌が完成して届きましたが、こ
の材質がまた黒檀の会津の漆塗りで、法名の「敬保居士・けいほうこ
じ」と彫られていますが、令和3年1月23日の四十九日法要に入魂して
もらいました。
いまでも、紫檀、黒檀の位牌、仏壇は大変高額なものです。
この黒檀の枠で出来た身分不相当な立派な算盤・「敬保居士」と彫ら
れた位牌を入手したのです。
今のNHKの大河ドラマ「麒麟が来る」のなかで、知らなかったことでし
たが、蘭奢待(らんじゃたい)がドラマのなかで出てきましたが、織田信
長公が室町時代・幕府の足利義満、義政、義教の権力者がこぞって
権力・権威の象徴として天下人達のあこがれとなったこの蘭奢待を
信長も欲しがるという筋書きで謁見する場面でした。
蘭奢待とは、1mくらいの長さの香木で心地良い芳香を持つ木片で伽羅、
白檀と比較され紅沈香と並び権力者にとって非常に重宝されたものと
されていたとの事です。
この蘭奢待は、「正倉院」に現在も保管されていますが、切り取った跡が
ありますが、削ったのは足利義政、織田信長、明治天皇の三人とされ、
付箋がついて目印にしているそうです。
天武天皇が良い香りを意味する言葉をもじった物と考えられているが
「東大寺」の別名とされ、蘭の東、奢の大、待の寺ともじったとされている。
この一月は奈良「東大寺」二月堂の舞台から激しく舞い散る火の粉の
修二会(お水取り)、奈良若草山山焼きの火の粉の夜景はまだ観たことが
ないので、是非奈良の都に行きたいと思っております。

論語はいまだに「論語読みの論語知らず」、仕事は「そろばん勘定」抜き
で引き受けております。
誘惑の火の粉は振り払っておりますので、火遊びもしていません。

令和3年1月31日
小関勝紀

若山牧水の詩歌

2021年01月04日 10:54

若山牧水の短歌は、いつ覚えたか知らないが、なぜかスラスラと読むこ
とができます。
ラジオを聞いていたら、「白鳥の・・・・・・」と若山牧水の短歌の放送を聞
いたのですが、忘れかけていたので、すぐスマホで調べました。そうした
ら朝ドラの「エール」のモデルの古関裕而作曲で、歌があることを知りま
した。
戦後昭和22年作詞若山牧水、作曲古関裕而、唄藤山一郎、松田トシで
「白鳥の歌(しらとりのうた)」という題名です。
若山牧水の三つの短歌がそのまま歌詞になっていたのです。

「白鳥の歌」
1.白鳥は かなしからずや 空の青 海の青にも 染まずただよふ
2.いざ行かむ 行きてまだ見ぬ 山を見む このさびしさに 君は耐ふるや
3.幾山河 越えさり行かば 寂しさの はてなむ国ぞ 今日も旅ゆく

この歌で、歌詞を覚えていたわけでないけれども、なぜか若山牧水の短
歌はスラスラと言えます。
若山牧水は、宮崎県出身で酒を愛し、旅を愛し、自然を愛した歌人で友
人の石川啄木の臨床に立ち会ったとされている。流浪の旅人とされてい
る俳人の種田山頭火と比較される。
先日12月5日、実父が今年で八回目の子年(ねどし)の96歳で逝去し、コロ
ナ禍で臨床には立ち会えなかったが、この若山牧水の短歌が増々感傷
に浸る。
アメリカの喜劇作家ニール・サイモン作、三谷幸喜演出の「23階の笑い」
という舞台を観劇しましたが、テーマは戦後のアメリカのテレビ番組の視
聴率の争奪戦のための脚本づくりを描いたものです。
このアメリカの同時代の私の昭和30年の子供時代のテレビ番組を観たド
ラマの主題歌は、今でも歌詞を見なくても歌えるという事は、いかに真剣
に観ていたかが、うかがえます。
と同時に北海道様似町の生活していた子供時代に見たテレビ番組を思
い出しました。
戦後の昭和時代の私の子供時代の漫画、映画、テレビでの歌詞と現代
の歌詞と比較すると、いかに幼稚か比較してみたい。でも幼稚かもしれ
ないが、深い意味があります。

「月光仮面」
どこの誰かはしらないけれど
誰もがみんな知っている
月光仮面のおじさんは
正義の味方よ善い人よ
疾風(はやて)のように現われて
疾風(はやて)のように去って行く


「まぼろし探偵の歌」
赤い帽子に黒マスク
黄色マフラーなびかせて
オートバイがそらとべば
事件のおきた時なのさ
ゆくぞ! それ!
元気な少年まぼろし探偵

「赤胴鈴之助」
剣をとっては日本一に
夢は大きな少年剣士
親はいないが元気な笑顔
弱い人には味方する
おう!がんばれ頼らず
ぼくらの仲間赤胴鈴之助

「少年探偵団のうた」
ぼ ぼ 僕らは少年探偵団
勇気凛々瑠璃の色
望みに燃える呼び声は
朝焼け空にこだまする
ぼ ぼ 僕ら少年探偵団 

今でも、この主題歌の歌詞を見なくても歌えることから、72歳の
私の人格は親の教え、学校の教え、漫画、映画、テレビから今日
の人格があると考えると子供時代の育った環境がいかに大事か
を感じさせられます。
当時熱中して見た漫画・テレビドラマの「鉄人28号」、「鉄腕アトム」、
「エイトマン」、「マグマ大使」を見ていた少年も、今では「変人28号」
「様似観光マグマ大使」になりました。
今年の干支は「丑」ですので、「鶏口牛後」のごとく、牛の尻尾(しっ
ぽ)でなく、鶏の鶏冠(とさか)くらいにはなれたかな。干支の順番で
私の子年の鼠が一番最初にあるのは牛の頭に乗っていて飛び出
して一番目となったことからしても「鶏口牛後」かも。

令和3年1月1日元旦
                                  小関勝紀

思わず笑った新聞のコラムの引用

2020年11月30日 12:53

18歳と81歳

道路を暴走するのが18歳、道路を逆走するのが81歳
心がもろいのが18歳、骨がもろいのが81歳
恋に溺れるのが18歳、風呂で溺れるのが81歳
ドキドキが止まらないのが18歳、動悸が止まらないのが81歳
恋で胸を詰まらせるのが18歳、餅で喉を詰まらせるのが81歳
自分探しをしているのが18歳、みんなが自分を探しているのが81歳
人生につまづくのが18歳、小石につまづくのが81歳
東京オリンピックに出たいと思うのが18歳、
東京オリンピックまで生きたいと思うのが81歳
早く「二十歳」になりたいと思うのが18歳
出来れば「二十歳」に戻りたいと思うのが81歳
「嵐」というと松本潤を思い出すのが18歳
「嵐」というと鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81歳
偏差値か気になるのが18歳、血糖値が気になるのが81歳
受験戦争と戦っているのが18歳、アメリカと戦ったのを目撃したのが81歳
まだ何も知らない18歳、もう何も覚えていない81歳
お手入れで虫歯ゼロが18歳、入れ歯だから虫歯ゼロが81歳
大笑いしてハメを外すのが18歳、大笑いして入歯を外すのが81歳
ヘアスタイルを変えられるのが18歳、変えようにも変えるヘアがないのが81歳
自動車免許を取れるのが18歳、自動車免許を返納するのが81歳

小関勝紀曰(いわ)く
18歳とは人生の門出をする始発駅、81歳とは人生の終活をする終着駅
鬼といえば「鬼滅の刃」と言うのが18歳、鬼といえば「仕事の鬼」と言うのが81歳
若い息吹といえば18歳、老いの息抜きといえば81歳
胸がキュンとなるのが18歳、胸が詰まるのが81歳
おしっこのキレがよいのが18歳、血管のキレがよいのが81歳
イヤホーンを使うのが18歳、補聴器を使うのが81歳

皆様も考えてください。
81歳になったら「明日に死すとも可なり」と、孔子の論語にあるように「朝(あした)に
道を聞かば夕(ゆう)べに死すとも可なり」との心境になりたいものです。
「一日一生」というが如し」「今日一日精一杯生きる」「一日一日を大切に生きる」と
いう習慣として生きたら81歳になっても人生に後悔がないのではないでしょうか。
生に対して深い執着心を持たない、「命根性汚い」と言われないようになりたいものです。

人生花づくし  居酒屋の紙コースターに書いていた文
親の教えは  きくのはな
人の悪口   くちなしで
頭は垂れて  ふじのはな
笑顔あかるく ひまわりで
愛をはぐくむ ばらのはな
心清らか   しらゆりで
世の移ろいて あじのはな
月日は早く  たちばなで
散り際さやか さくらばな
先の浄土の  はすのはな

小関勝紀曰く
苦言はじっくり    ききようで
夜ひっそりと咲くのは ほたるばな
嫌な小言は      けしのはな
カッときたら頭を   ヒヤシンス
鼻の下は長くするのは チュウリップ 
はかなく生きるのは  野の花よ
皆様も考えてください。

令和2年11月30日
小関勝紀