クラウドとは

2018年06月29日 09:38

最近、我々の業界においても、クラウドサービス、クラウド会計ソフトとか、
盛んに言われるので、まずは私も試してみょうとしているところです。

クラウドとは、Crowd・群衆と思ったので、学生時代に社会学で学んだ
1950年のアメリカの社会学者Davit Riesman・デビットリースマンの
「Lonely Crowd・孤独の群衆」を思い出し、群衆なので皆が共有して
ソフト・容量を使用するものだと思っていた。

「孤独な群衆」という言葉にも驚いたが、この時代ピーター・F・ドラッカー
の「断絶の時代・Age of Discontinuity」、「企業の社会的責任・
Corporate Social Responsibility」という言葉には衝撃だった。
半世紀前に予言したことが、現実化しています。

この意味もあるが、「Cloud・雲」という意味であることが、分かりました。な
んと、雲をつかむような話ではないか。

ネットワークを示す時に雲の絵を使うことが多かったから「Cloud」と
言われたとの事です。

Cloud Computingとして、パソコン、スマホ、タブレットから、いつでも、どこ
でも便利になるのは、大いによろしいのですが、雲の上から監視されて
働かされそうな気がしてならない。

現在と昭和45年時代のOA機器もなく、算盤・そろばんでの計算、各書類
の手書きの時代から比較すると雲泥の差です。「雲泥」の差だから、時代
についていくのに、Cloudyな気持ちにならないように、頑張ります。

現在では、ネットワークが通じないことを、「圏外孤独」な群衆というのでしょうか。

雲の上の存在と云われる、人間になりたいものです。


                                  平成30年6月30日
                                       小関勝紀
スポンサーサイト

西暦2002年に、行った国

2018年05月31日 11:08

私は西暦2002年(平成14年)に、北朝鮮、モンゴルと訪問しました。

北朝鮮は、この年の五月のゴールデンウイークを利用して入国しました。 
北朝鮮は外貨稼ぎの目的で、マスゲームの観覧を目玉として、日本人、
アメリカ人、中国人を観光で受け入れたのでした。

飛行機で新潟から、ロシアのウラジオストック経由、平壌に入国しました。

今まさに南北対話の拠点となっている、板門店に行き北側から、南側を
見ました。そして、先日、南北のトップが、お互い握手して国境をわたった
ラインのギリギリまで行きました。

この年には、モンゴルは「モアグリーン税理士の森基金」の派遣で8月に
現地の学生と共同作業で「砂漠に緑」をキャチフレーズにポプラの木、赤
松の木の植樹が目的です。

暑さ、水不足での作業は大変でした。また、国のエネルギー不足で、ホテ
ルの電気のブレカーが飛ぶは、水不足で風呂も満足でなく、食事も合わ
ず大変だったことを思い出しました。

2002年頃は、北朝鮮の拉致事件は、一般的に知られておらず、この年に
小泉政権時に中山恭子さんに引きつられて拉致被害者5人が帰国した事
実を知ったときに驚きでした。

平壌(ピョンヤン)で、マスゲーム、サーカス、地下鉄、広場と観光をして、
平壌から舗装されていない高速道路を利用して38度線にある、板門店
(パンムンジョム)に向かいました。      
板門店の、あの38度線のラインを南北のトップの文在寅(ムンジェイフ)と
金正恩(キムジョンウン)が、共に手を握って渡ったパフォーマンスのあっ
たところです。

私の学生時代に、フフォーククルセダーズという、フォークグルプが「イム
ジン河」という題名の朝鮮半島の民謡を、レコードの発売したところ、発売
禁止となりましたが、イムジン河は38度線を分断している川ということで、
発売禁止は政治的配慮からの出来事でありました。

私はこの「イムジン河」という歌は歌えるし、歌詞も知っていたので、北朝
鮮の添乗員さんと、別れのパーティーでこの「イムジン河」を一緒に歌った
ことを思い出します。

韓国には、昭和47-50年頃、二回観光で行きましたが、この時代は北朝鮮
とは緊迫状態で戒厳令を退いている時代でした。

キャバレーでは、12時には韓国の国旗を振り振り、国歌を皆で歌って終了
し、一斉にタクシーで帰るという時代ですが、日本人の私には娯楽が終わっ
てもこの光景は、驚きました。

また、ゴルフは、キャディーが並んで待って、マンツウーマンでつき、キャ
ディーの食事も負担するというものでした。キーセンパティー、ウォーカヒル
でカジノも解禁されていました。

6月12日のシンガポールでの、米朝首脳会談は開催されるのかは、開催
をしてもらいたいが、現時点では不明です。

今回は、南北米中日露と微妙な時期なので、話はこの辺でスミダ。


平成30年5月31日

長寿大国日本

2018年05月01日 08:47

長寿男性世界一として、北海道足寄町の野中正造112歳として、
ギネスの世界最高齢男性として認定された。長寿女性世界一と
して、鹿児島県喜界島の田島 ナビさんが、この頃117歳で逝去
しましたが、神奈川県の都 千代さん116歳がその座についた。

今の日本では、「老人栄えて国滅ぶ」ではないか。また、「老人栄
えて医療・介護は栄える」とも云われる。日本は、子供、老人を含
めると、直接税としての、所得税・住民税を治めていない人のほう
が多いのです。国家予算の三分の一が、医療・介護・年金に使わ
れている。医療病院、介護老人保健施設、訪問介護ステーション、
居宅介護支援事業所、地域包括支援センター等は不足するくらい
花盛りです。

還暦(60)、古稀(70)、喜寿(77)、傘寿(80)、米寿(88)、卒寿(90)、
白寿(99)、百寿(100)、茶寿(108)、皇寿(111)、大還暦(120)とのお祝い
はある。長寿はお目出たいことではあります。

PPKのピンピンコロリが理想ではあるが、NNKのネンネンコロリは本
人、家族、国家も介護・費用・税金は大変です。

現在、講談社から「遺言書」の本が監修として、3月中に出版される
予定で進めていましたが、国会が森友、加計だと時間を費やしてい
るため、配偶者の家屋の相続分割を優先する、民法の改正が通過
せず出版が延期となっています。

長寿による、認知の弊害が多々あります。たとえば、認知になると
「遺言公正証書」の作成が不可能となり。不動産の贈与・売買が不
可能となる。法定相続人が、甥・姪まで遡ると、疎遠となっているの
で、相続分割がスムーズに進まない。

賢明な人は、エンディングノートの作成・保管、遺言書の作成、今年
5月から導入される「法定相続情報証明制度」、「任意後見契約」の
活用と終活準備しているものです。転ばぬ先の杖。

生前に行う制度として、町田市では、遺贈・相続財産の寄付制度、
また横須賀市では、終活支援として終活登録制度を導入しています。

近年、法定相続人が存在しないという事例、相似相続では姻族の
親族に相続されるという血の繋がらない相続の事例が多々あります。

核家族により、孤独死・孤立死ということもあり、葬儀、墓石、檀家も
伝えておかないと、無縁仏、無縁墓となりかねません。

事務所の傍に、歌にもある「無縁坂」という地名があります。

私には、有縁でありますように。入力も終わり、ここでスイッチを
切ろうとしたら、4月18日とパソコンのメッセージがあり、娘の誕
生日と気がつき、お祝いのメールをおくりましたが、忘れなかっ
たので無縁とはならないかな。

                            平成30年4月30日
                                 小関勝紀

過去・現在・未来

2018年03月30日 11:11

会社の経営にも、過去・現在・未来がある。

過去を代表するものが、借入金の返済、現在を代表するものが、売上金と利益、
未来を代表するものが、内部留保と再投資である。

禅宗を開祖した道元の「正法眼蔵」の中には、経営とは「自己の完結を目指して、
様々な工夫・努力を重ねて自分自身をととのえていくこと」又は「極楽浄土の最高
位に到達できるように信念を深め、精神努力すること」とある。

ある寺の掲示板にあったのもですが、保元物語の引用として、「過去の因を知ら
んと欲せば、その現在の果を見よ」「未来の果を知らんと欲せば、その現在の因
を見よ」とあった。

これが、因果応報ということだなと、自分を戒めた。

子供は親の背中を見て育つものです。
それが過去世、現世、来世と繋がるものと言われる所以なのでしょうか。

「過去と他人は変えられない」。「未来と自己は変えられる」。

つまり、人生・運命は努力して自分で作るもの。

子供には、未来がある。映画の題名ではないが、俺達には明日はない。

「今日の明日」、「明日の今日」なので、一日一日努力せよという事です。

昨日の3月29日経営計画発表会があり、その会社の最高経営責任者の講話の
なかに、

「現在は過去の結果」「未来は現在の結果」、

「会社は常に倒産に向かっている」、

「今日の利益を明日の繁栄のために使う」、という言葉があり、同感です。

人は生まれ落ちた時から死に向かって生きている。

一日一膳でなく、一日一善です。

平成30年3月31日

2月27日に愛馬ジオパークボス号三才牡馬が、未勝利戦に優勝してシード権
を得ました。

3月23日に、事務所主催の花見宴席での料理で、参加者13人中9人がノロウィ
ルスの食中毒で、保健所が来るくらい大変でした。

                                          小関勝紀

山本五十六に学ぶ

2018年02月28日 13:08

今年の、新年の会合での社長の挨拶で、今年の会社のテーマは「若手の育成」
と社長が言われたので、私も、若手の育成に関連する意味で山本五十六の言葉
を、話したらこの言葉を聞いていた若手から、大変参考になりましたと、メールで
お礼がきた。すっかり、気をよくして今回は、このテーマとしました。

以下山本五十六のことばです

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。」

「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」

「苦しいこともあるだろう。」

「云い度いこともあるだろう。

「不満なこともあるだろう。」

「腹の立つこともあるだろう。」

「泣き度いこともあるだろう。」

「これらをじっとこらえてゆくのが、男の修行である。」

実年者の態度

実年者は、今どきの若い者などということを絶対に言うな。
なぜなら、われわれ実年者が若かった時に同じことを言われたはずだ。

今どきの若者は、全くしょうがない、年長者に対して礼儀を知らぬ、道で会っても
挨拶もしない、いったい日本はどうなるのだ、などと言われたものだ。

その若者が、こうして年を取ったまでだ。
だから、実年者は若者が何をしたか、などと言うな。

何ができるか、とその可能性を発見してやってくれ。

今回の冬季オリンピックでの、若者の活躍をみたら日本の未来も悪くないと思う
反面、「お金より時間」といわれると、日本の衰退も時間の問題なのかも。

「お金もなく時間もない」、「お金はあるが、時間がない」、「お金はないが時間は
ある」は、どれがよいかわからない。
私には、年金はあるが、生きられる時間がない。

平成30年2月28日

                                     小関勝紀