FC2ブログ

「論語と算盤」

2021年01月29日 10:05

2021年NHKの大河ドラマは、「青天を衝け」となり、日本資本主義の
父といわれる、渋沢栄一が主人公である。
渋沢栄一は明治時代に「論語と算盤」と説いているが、企業の利益
追求、企業の社会的責任と現代では当たり前ですが、明治時代だ
からこそ先見の明があったという事です。

私は昭和45年大阪万博があった21歳の年に会計事務所に新卒で
就職したとき、会計事務所に雲州算盤を売りに来た商人から枠が
黒檀で、珠が柘植(つげ)で手作りの算盤を、35,000円で月賦の5,000円の
7回払いで購入した事を思い出しました。
当時の会計事務所は、丁稚奉公・滅私奉公での就職した会計事務
所の初任給は28,000円という時代ですから、本人にはこの算盤がど
れくらい高額なものかお分かりになるのではないでしょうか。

さらに、笑い話ですが、算盤がよくできず、簿記がよく理解していない
時の算盤の購入でした。私の葬式の時には、棺桶にこの算盤を入れ
てくれと周りには冗談を言っていますが、算盤の購入が職業会計人の
原点です。
黒檀といえば、注文しておいた父の位牌が完成して届きましたが、こ
の材質がまた黒檀の会津の漆塗りで、法名の「敬保居士・けいほうこ
じ」と彫られていますが、令和3年1月23日の四十九日法要に入魂して
もらいました。
いまでも、紫檀、黒檀の位牌、仏壇は大変高額なものです。
この黒檀の枠で出来た身分不相当な立派な算盤・「敬保居士」と彫ら
れた位牌を入手したのです。
今のNHKの大河ドラマ「麒麟が来る」のなかで、知らなかったことでし
たが、蘭奢待(らんじゃたい)がドラマのなかで出てきましたが、織田信
長公が室町時代・幕府の足利義満、義政、義教の権力者がこぞって
権力・権威の象徴として天下人達のあこがれとなったこの蘭奢待を
信長も欲しがるという筋書きで謁見する場面でした。
蘭奢待とは、1mくらいの長さの香木で心地良い芳香を持つ木片で伽羅、
白檀と比較され紅沈香と並び権力者にとって非常に重宝されたものと
されていたとの事です。
この蘭奢待は、「正倉院」に現在も保管されていますが、切り取った跡が
ありますが、削ったのは足利義政、織田信長、明治天皇の三人とされ、
付箋がついて目印にしているそうです。
天武天皇が良い香りを意味する言葉をもじった物と考えられているが
「東大寺」の別名とされ、蘭の東、奢の大、待の寺ともじったとされている。
この一月は奈良「東大寺」二月堂の舞台から激しく舞い散る火の粉の
修二会(お水取り)、奈良若草山山焼きの火の粉の夜景はまだ観たことが
ないので、是非奈良の都に行きたいと思っております。

論語はいまだに「論語読みの論語知らず」、仕事は「そろばん勘定」抜き
で引き受けております。
誘惑の火の粉は振り払っておりますので、火遊びもしていません。

令和3年1月31日
小関勝紀
スポンサーサイト



若山牧水の詩歌

2021年01月04日 10:54

若山牧水の短歌は、いつ覚えたか知らないが、なぜかスラスラと読むこ
とができます。
ラジオを聞いていたら、「白鳥の・・・・・・」と若山牧水の短歌の放送を聞
いたのですが、忘れかけていたので、すぐスマホで調べました。そうした
ら朝ドラの「エール」のモデルの古関裕而作曲で、歌があることを知りま
した。
戦後昭和22年作詞若山牧水、作曲古関裕而、唄藤山一郎、松田トシで
「白鳥の歌(しらとりのうた)」という題名です。
若山牧水の三つの短歌がそのまま歌詞になっていたのです。

「白鳥の歌」
1.白鳥は かなしからずや 空の青 海の青にも 染まずただよふ
2.いざ行かむ 行きてまだ見ぬ 山を見む このさびしさに 君は耐ふるや
3.幾山河 越えさり行かば 寂しさの はてなむ国ぞ 今日も旅ゆく

この歌で、歌詞を覚えていたわけでないけれども、なぜか若山牧水の短
歌はスラスラと言えます。
若山牧水は、宮崎県出身で酒を愛し、旅を愛し、自然を愛した歌人で友
人の石川啄木の臨床に立ち会ったとされている。流浪の旅人とされてい
る俳人の種田山頭火と比較される。
先日12月5日、実父が今年で八回目の子年(ねどし)の96歳で逝去し、コロ
ナ禍で臨床には立ち会えなかったが、この若山牧水の短歌が増々感傷
に浸る。
アメリカの喜劇作家ニール・サイモン作、三谷幸喜演出の「23階の笑い」
という舞台を観劇しましたが、テーマは戦後のアメリカのテレビ番組の視
聴率の争奪戦のための脚本づくりを描いたものです。
このアメリカの同時代の私の昭和30年の子供時代のテレビ番組を観たド
ラマの主題歌は、今でも歌詞を見なくても歌えるという事は、いかに真剣
に観ていたかが、うかがえます。
と同時に北海道様似町の生活していた子供時代に見たテレビ番組を思
い出しました。
戦後の昭和時代の私の子供時代の漫画、映画、テレビでの歌詞と現代
の歌詞と比較すると、いかに幼稚か比較してみたい。でも幼稚かもしれ
ないが、深い意味があります。

「月光仮面」
どこの誰かはしらないけれど
誰もがみんな知っている
月光仮面のおじさんは
正義の味方よ善い人よ
疾風(はやて)のように現われて
疾風(はやて)のように去って行く


「まぼろし探偵の歌」
赤い帽子に黒マスク
黄色マフラーなびかせて
オートバイがそらとべば
事件のおきた時なのさ
ゆくぞ! それ!
元気な少年まぼろし探偵

「赤胴鈴之助」
剣をとっては日本一に
夢は大きな少年剣士
親はいないが元気な笑顔
弱い人には味方する
おう!がんばれ頼らず
ぼくらの仲間赤胴鈴之助

「少年探偵団のうた」
ぼ ぼ 僕らは少年探偵団
勇気凛々瑠璃の色
望みに燃える呼び声は
朝焼け空にこだまする
ぼ ぼ 僕ら少年探偵団 

今でも、この主題歌の歌詞を見なくても歌えることから、72歳の
私の人格は親の教え、学校の教え、漫画、映画、テレビから今日
の人格があると考えると子供時代の育った環境がいかに大事か
を感じさせられます。
当時熱中して見た漫画・テレビドラマの「鉄人28号」、「鉄腕アトム」、
「エイトマン」、「マグマ大使」を見ていた少年も、今では「変人28号」
「様似観光マグマ大使」になりました。
今年の干支は「丑」ですので、「鶏口牛後」のごとく、牛の尻尾(しっ
ぽ)でなく、鶏の鶏冠(とさか)くらいにはなれたかな。干支の順番で
私の子年の鼠が一番最初にあるのは牛の頭に乗っていて飛び出
して一番目となったことからしても「鶏口牛後」かも。

令和3年1月1日元旦
                                  小関勝紀

思わず笑った新聞のコラムの引用

2020年11月30日 12:53

18歳と81歳

道路を暴走するのが18歳、道路を逆走するのが81歳
心がもろいのが18歳、骨がもろいのが81歳
恋に溺れるのが18歳、風呂で溺れるのが81歳
ドキドキが止まらないのが18歳、動悸が止まらないのが81歳
恋で胸を詰まらせるのが18歳、餅で喉を詰まらせるのが81歳
自分探しをしているのが18歳、みんなが自分を探しているのが81歳
人生につまづくのが18歳、小石につまづくのが81歳
東京オリンピックに出たいと思うのが18歳、
東京オリンピックまで生きたいと思うのが81歳
早く「二十歳」になりたいと思うのが18歳
出来れば「二十歳」に戻りたいと思うのが81歳
「嵐」というと松本潤を思い出すのが18歳
「嵐」というと鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81歳
偏差値か気になるのが18歳、血糖値が気になるのが81歳
受験戦争と戦っているのが18歳、アメリカと戦ったのを目撃したのが81歳
まだ何も知らない18歳、もう何も覚えていない81歳
お手入れで虫歯ゼロが18歳、入れ歯だから虫歯ゼロが81歳
大笑いしてハメを外すのが18歳、大笑いして入歯を外すのが81歳
ヘアスタイルを変えられるのが18歳、変えようにも変えるヘアがないのが81歳
自動車免許を取れるのが18歳、自動車免許を返納するのが81歳

小関勝紀曰(いわ)く
18歳とは人生の門出をする始発駅、81歳とは人生の終活をする終着駅
鬼といえば「鬼滅の刃」と言うのが18歳、鬼といえば「仕事の鬼」と言うのが81歳
若い息吹といえば18歳、老いの息抜きといえば81歳
胸がキュンとなるのが18歳、胸が詰まるのが81歳
おしっこのキレがよいのが18歳、血管のキレがよいのが81歳
イヤホーンを使うのが18歳、補聴器を使うのが81歳

皆様も考えてください。
81歳になったら「明日に死すとも可なり」と、孔子の論語にあるように「朝(あした)に
道を聞かば夕(ゆう)べに死すとも可なり」との心境になりたいものです。
「一日一生」というが如し」「今日一日精一杯生きる」「一日一日を大切に生きる」と
いう習慣として生きたら81歳になっても人生に後悔がないのではないでしょうか。
生に対して深い執着心を持たない、「命根性汚い」と言われないようになりたいものです。

人生花づくし  居酒屋の紙コースターに書いていた文
親の教えは  きくのはな
人の悪口   くちなしで
頭は垂れて  ふじのはな
笑顔あかるく ひまわりで
愛をはぐくむ ばらのはな
心清らか   しらゆりで
世の移ろいて あじのはな
月日は早く  たちばなで
散り際さやか さくらばな
先の浄土の  はすのはな

小関勝紀曰く
苦言はじっくり    ききようで
夜ひっそりと咲くのは ほたるばな
嫌な小言は      けしのはな
カッときたら頭を   ヒヤシンス
鼻の下は長くするのは チュウリップ 
はかなく生きるのは  野の花よ
皆様も考えてください。

令和2年11月30日
小関勝紀

令和2年10月1日中秋の名月の日   今日一日の出来事

2020年10月30日 10:12

今、10月1日当日の「中秋の名月」の夜に、書き込んでおります。

毎年予約して行っていた、鴨料理屋さんの予約が、10月1日朝5時
から、12月から3月の予約を受付ける浅草の鴨料理さんがあり、
毎年の事の様に、朝5時から予約電話しましたが、通話中で繋がり
ません。昨年も電話が繋がらず予約が取れず断念した経緯もあり、
今年こそはという心境の中、何回も電話しましたら、朝6時半頃に
やっと繋がり、二回の予約が取れました。
予約が取れ、気をよくしてホットした気分で、毎日のウオーキングに
出かけました。

この時期は、太陽の日の出と月の入り時間が同じくらいで朝の中秋
の名月の満月は沈んで見る事が出来ません。

太陽と月は、私は常に意識しており、阿弥陀三尊とは、阿弥陀如来・
観音菩薩・勢至菩薩ですが阿弥陀如来は太陽で熱(体温)、勢至菩薩は
月で水(血)、観音菩薩は光(目)で明かりを司るといわれる。
だから、女性の血の廻りは、月のサイクルで廻るので月経・初潮とい
われています。

本日は、「中秋の名月」でもあり、カッターナイフを持ち、ウォーキング
の途中で不忍池の周りにあるススキを切って部屋に飾る予定でした。
昨日から、何となく金木犀(キンモクセイ)の香がするので、金木犀の
木を探したら蕾になっていたので、金木犀の枝もついでに切って、また
またついでに白と赤の曼殊沙華の花も切って、花瓶に飾ったテーブル
でこの文書を入力しております。

ススキは、茎が硬く手では切れずカッターナイフでなければ切れない
事は、子供の頃から山に出かけて萩の木と採取していたので、経験
したことを忘れていませんでした。
今年は曼殊沙華は、お彼岸に咲くのに遅く、金木犀(キンモクセイ)の
花は文化の日当たりに咲くイメージなので早く、気候異常なのかと感
じながらの徘徊しておりました。

また、本日は東京大学病院の目の検査の予約もあり、朝9時には行
きました。

この検査は、「網膜・静脈欠乏症」と血管異常から発生することなので、
目の血管を検査するために、蛍光眼底造影検査で造影剤を血管に
入れるために、点滴をしました。
つぶらな瞳を、何回も眼底カメラで撮影されました。色々の検査・診察
の度に、本人確認のため、いちいち名前・生年月日を聞かれ、回答し
ていると痴呆症の老人になったような錯覚になりました。
検査結果、網膜光凝固術というレイザー治療をした方が良いという事で、
又後日と言われたが、やっと時間を取って来たので、本日レイザー治療
をすることとなり、丸一日を要した。
造影剤の点滴は、尿が真黄色となりますと言われていた通り、ビックリ
するくらい真黄色で便器を汚しました。点滴で、血管に造影剤が入り
真黄色の尿になって出るとは、人間の体のメカニズムの凄さを感じます。

今年は、二頭サラブレッドを取得しましたが、牡馬はブラックタイドの
子は、ジオパークタイド、牝馬のリオンディースの子はジオパークルーナと
中秋の名月に相応しい名前にしょうと考えてつきました。
タイド(Tide)は英語の、月の引力による潮の満ち引きの潮汐、またルーナは
イタリア語の月という意味と孫の名前が「優月」なので、中秋の名月に
因んで「月」の名前に拘りました。

イタリア語では、「ルナ」が一般的ではありますが、「ルーナ」と末永く
元気という意味もありの命名です。
「天高く馬肥える秋」ですが、サラブレッドは肥えては駄目で、馬体を
絞らなければなりません。
珊瑚は満月に産卵、人間の出産は引き潮、蟹・海老の脱皮は月の
サイクルで繰り返すので月夜の蟹といって味が落ちると言われます。
月は「ツキヘン」、「ニクヅキヘン」と漢字では多く用いられますが、
ニクヅキヘンは形を作りおさめることを意味して内蔵は心臓、肝臓、
腎臓、膵臓、脾臓とニクヅキヘンが付きます。
日本では、森山加代子、ザピーナッツの「月影のナポリ」でお馴染み
ですが、原曲はイタリアの曲で「TINTARELLA  DI  LUNA=ティンタ
レラ・ディ・ルナ」でミーナ・マッツィーニの曲です。
高校生時代に聞いた「月影のナポリ」というミーナの曲を思い出し、
ナポリのポンペイ遺跡に行った事を思い出し感傷に慕った秋の夜長
の一日でした。

「秋深し隣は何をする人ぞ」松尾芭蕉、
「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり」奥の細道・松尾芭蕉、
「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にざ驚かれぬる」藤原敏行、
「木犀の香や名月は曇りけり」正岡子規の一句。

でも、中秋の名月を見ようと努力したのですが、ビルの陰、曇りで
見る事ができませんでした。なんとツキのない事。

令和2年10月31日
                                     小関勝紀
~~~~~
月と太陽に関わるエピソード
日本神話にある天照大神(太陽の女神)が「天の岩戸」にかくれたため、
世の中が暗闇になったという話は、皆既日食が題材になったといわれ
ています。

イギリス南部の平原にストーン・ヘンジとよばれる巨石は円形にならべた
石器時代の遺跡は日食と月食の観測装置らしいことがわかりました。

雇用形態と働き方改革   安倍政権から菅新政権誕生

2020年09月29日 17:17

私が、新卒で社会人になるときは、会社への就職は学歴社会で年功
序列・終身雇用制が当前で、正規社員としてホワイトカラー業務に就職
というメンバーシップ型雇用形態でした。 

猛烈社員といわれ、満員電車でギュウギュウに詰め込まれ通勤する
のが、当たり前でした。
会社の朝の就業の女性社員仕事は掃除から始まり、社員各人のお茶を
用意することから仕
事は始まりました。
でも、クレイジーキャツの植木 等の歌の歌詞に「サラリーマンは気楽な
稼業ときたもんだ~」 にあるような社員もおり気楽な社員=フラリーマン
も多くいました。
お神輿経営といってワッショイワッショイと神輿を担ぐものもいたが、ぶら
下がっている社員もいたという事です。
義理・人情・恩情主義の雇用関係でありました。
戦後はサラリーマンになるには学歴社会であるから、学歴目的の大学
進学率が増加したのだとおもいます。でも「学歴は人間を救わない」、
「学問は人間を救う」というが如し、当時は学問目的でなく、学歴目的の
進学が多かったと思います。
産業革命以来、私の子供時代は「鉄は国家なり」という重工業が主な
経済構造でした。
戦後は三白経済という、紙の白は本の出版、セメントの白は建設、砂糖
の白は菓子という経済構造が変化・進歩しました。現在は第一次産業、
第二次産業、第三次産業から、第四次産業と仕事・業務の多様化は
進んでいます。
平均寿命の延長で、長寿となり年金生活だけでは生活困窮者も増加
する中、定年退職後も就業に就くものは、確かに増加しております。
現在の年金制度は、戦後人生五十年という寿命年数で算定した制度
なので、長寿大国日本では、基金不足になるのは当然の事なので、
財源を消費税も求めるのは当たり前の事です。
ニュースでの報道で日本では、100歳を超える長寿が30,000人以上
いると聞きまさに長寿大国です。
水と治安は金で買う時代になると言われても、まさかと感じていました。
ところが、今は水も買い、治安という警備は、セキュリティ会社がはび
こっています。
治安といえば、当事務所の京橋事務所でも窓ガラスを割られ泥棒が
入り、警察に被害届を出しました。
このコロナ禍、働き方改革・インターネット普及とやらで、テレワーク
による自宅オフイスでの就業と世の中の意識も変わりつつあります。
近年法人設立の依頼が、非常に多くなりました。建設、土木業では、
企業側から独立開業を促す事が多く、本人の起業意識の高まりから
の現象かと思いきや、正規社員への退社を勧告する現象でもあります。
会社法の改正で、株式会社設立が最低資本金1,000万円の撤廃、
発起人7人で、外部から1人募集というように煩雑でなく、一人で設立
可能となりハードルを下げて簡易となった事、また合同会社で一人
ででも簡易に設立で簡易になった事によります。
各会社も正社員の雇用での負担、正社員からも給与からの社会保険
料控除を嫌うことからも一人親方を希望する者が増えていることによ
ります。

正規社員での会社負担
1.不景気になった時でも固定給与を支給しなくて済む
2.社会保険料、労働保険の負担がなくなる
3.年功序列の終身雇用制ではピラミッド型の組織が維持できない
4.定年退職者の嘱託としての雇用形態・一人親方としての業務委託
 契約形態
5.非正規社員の雇用・派遣社員・契約社員・アルバイト・海外研修生等
 の方が会社と社員の両者拘束ない

独立での一人親方を希望する考え方として
1.手取りが多くなる
2.雇用契約での、時間の拘束がなくなる

JOB型雇用形態、メンバーシップ型雇用形態、年功序列型終身雇用
制度とコロナ禍で変化は増々変化するものと考えております。
いつの時代も「二度と来ない今日を大切に生きたい・働きたい」と考え
ております。
私は、自由業でいいでねと言われるが、不自由業で時間の拘束は
相当のもので、
フラリーマンになりたい毎日です。

令和2年9月30日
                                    小関勝紀