fc2ブログ

五濁悪世(ごじゅくあくせ)の時代

2022年04月27日 16:06

顧問先の医師から、鎌田實さんの「70歳、人生はもっと楽しくなる」
という本が宅配で送ってもらいました。

この本の文章の中に、親鸞の語録「歎異抄」の内容に紹介されて
いました。
歎異抄は、法然の弟子の親鸞のまた弟子の唯円が、親鸞の没後に
書いたものとされている。

以前、歎異抄を読んでいた時に、自力では救われず他力でなけれ
ば救われないという内容であったような思いがありました。

親鸞聖人の言葉に「善人なおもて往生を遂(と)ぐ、いわんや悪人をや」
とは、この悪人とは信仰のない人を指しているとの事です。
決して、犯罪行為をする悪い人とは違うようです。
今、5月8日まで東京国立博物館では、「空也上人と六波羅蜜寺」の
特別展を開催していますが、空也上人は醍醐天皇の息子であったが
財も欲も、おのれさえ捨てて人々の営みに一身を捧げ、「われわれ
人間は、この世に生きている限り、日々、罪を犯します。肉欲、食欲、
睡眠欲に負け、噓偽り悪口を言い重ね、心の中にさまざまな煩悩が
うずまきます。

嫉妬、憎悪、我欲、貪り、自分さえよければいいという利己心は誰の
中にもあります」と言っていますが、一人一人が心に留めていれば、
戦争、内乱のない、安念のいい世の中になりますが。

この「空也上人と六波羅蜜寺」の特別展の見学のため行列が出来て
いましたので、日本もまだまだ見識者がいることには、安堵しました。

展示されている、空也上人の立像は口から六体の阿弥陀仏(南無阿
弥陀仏)が現れているものです。
以前弁護士事務所に伺ったときに、空也上人の「捨ててこそ」という
本があったのでいただいてきたので、改めて読み直し感銘した。
「山川の末に流れる橡殻(とちから)も、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあ
れ」は空也上人の説いた人生訓です。
親鸞聖人の教えの浄土真宗の根本聖典・浄土三部経の一つ「仏説
阿弥陀経」には、末法の世界には避けがたい五つの汚れ「五濁」が
あらわれると記されています。

「五濁」とは却濁(こうじょく)、見濁(けんじょく)、煩悩濁(ぼんのうじょく)、
衆生濁(しゅじょうじょく)、命濁(みょうじょく)といわれる五つですが記し
ますと

1.却濁とは、疾病や飢餓、犯罪や戦争などの社会問題が増大し、
時代そのものが汚れている状態
2.見濁とは、汚れた時代において自然に反する誤った価値観が
当然のようになり、邪(よこしま)な思念が常識として蔓延し、思想
の乱れがあらわれる状態
3.煩悩濁とは、怒り、腹立ち、妬み、恨み、欲多く、煩悩が盛んに
なって、さまざま悪徳が横行する状態
4.衆生濁とは、人の道を踏み外すような振る舞いが横行し、心身
ともに、人間の資質が低下する状態
5.命濁とは、命がどんより濁って、本来の輝きを失っていき、生命が
軽んじられて、生きることの意義を見失われ、人生が虚しいものと
なっていく状態
昨今の現在社会の世界・日本の状況は、戦争、内紛と五濁悪世の
時代を感じていますが一寸先は闇と不安になりますが、不安ばかり
あおる風潮はよくありません。
親鸞聖人が出家する少年の時に詠んだ歌に「明日ありと思う心の
仇桜、夜半に嵐の吹かぬものかは」がありますが、この歌のように
後悔のない日々にしたいものです。

桜の季節も北の国では、今盛りです。

令和4年4月30日
小関勝紀

スポンサーサイト



戦争の終結

2022年03月30日 16:20

日本の大東亜戦争の終戦記念日は、昭和20年1945年8月15日ですが、
昭和天皇の玉音放送が、ドラマでは必ず「堪え難きを堪え、忍び難きを
忍び~」と、国民が被(ひざ)ざまついて泣きながら聞くシーンが出てくる。

この玉音放送は、こんな短い言葉でないので、説明する事は出来ませ
んが、最初の言葉は「朕(ちん)、深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑み、
非常の措置をもって時局を収拾せんと欲し、ここに忠良なるなんじ臣民に
告ぐ~から始まり、~なんじ臣民それよく朕が意を体せよ。」と最後の言葉
となるが、後半くらいの言葉に「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び」とあり
ます。

敗戦直後まで日本も、「鬼畜米英」と叫びながら戦争をしていたのです。
また玉音放送の言葉の中に、「朕は帝国政府をして米英支蘇四国に対し、
その共同宣言を受諾する旨通告せしめたり。」とあるが、「支」は中国、
「蘇」はロシアであるが、そのロシアがウクライナを支配するための侵攻、
中国は香港、台湾、チベット、内モンゴル、新疆ウイグル自治区、日本の
尖閣諸島を支配するために画策しています。

中国での侵略は、「昨日のチベット、今日の香港、明日の台湾」と言われ
ているが、明後日の尖閣諸島となりかねません。

私は、20年位以前樺太(サハリン)に旅行したことがありますが、旧日本領
なので、戦前の港はそのままの利用、王子製紙の工場は何かの製造工場、
北海道拓殖銀行の建物は美術館、日本の支庁は博物館、民間の居住用
建物はそのままの状態でロシア人の住まいとして利用、マーケットには鮭の
燻製ばかり、日本の中古車とかなり貧しいと感じました。

私の子供時代には、北海道様似町の漁師は、港の漁船のエンジンをかけ
ながら、日ソ漁業交渉の漁獲量の締結を待って、家族、親戚、知人に紙テー
プで見送られながら、歌謡曲がスピカーから流れるなか、一斉に出港した
思い出があります。

戦前は日本領土なので、自由に千島列島、樺太まで漁業していましたが、
今は日ソ漁業交渉の機会はあるが、漁獲できず、戦後からはソ連に拿捕
(だほ)されていました。不可侵条約を無視して北方領土に侵略して勝手に、
北方領土を取り上げられ、引き揚げた人々からは、「あのロスケ野郎」と
言っていました。
この私恨は、日本人と同じくウクライナ人も抱くものと思われます。
あのペレストロイカのゴルバチョフ大統領のとき、アメリカがアラスカを買っ
たように、ソ連の経済危機のとき北方領土を、竹下首相の時代に市町村に
一億のばら撒きの金で買えたかもしれない。
早速、ロシアは3月22日日本がロシアに対しG7と経済制裁に足並みをそろ
えたと、「日ソ平和条約締結」交渉を継続しないと通告してきました。
ある国会議員から、戦後シベリア抑留された兵隊の中で、エリートといわ
れる人は、強制労働はしないで共産主義を毎日洗脳されて、ポッダム宣言
では日本に帰還した時は北海道小樽に共産党本部を設置してオルグ活動
要因として活動することを条件として、北海道はソ連の領土・属国としない
事とし、日本の領土として残ったとの事という話を聞きました。
だから、私の北海道の子供時代は日教組、北教組が強く、卒業式、入学式
で「君が代」を斉唱したことはありませんでした。
また、子供時代の話ですが、ソ連の核実験で、黒い雨が降りそそぐので、
頭が濡れると頭が禿げるので帽子をかぶるように指示させられました。
日本の漁師の漁場・日本の防衛にとっては、二百浬(にひゃくかいり)の
制限があるので、北方領土問題、尖閣諸島問題、竹島問題を真剣が考え
なければなりません。

私はフォークソングの歌にある「戦争を知らない子供たち」という、団塊の
世代であるが誰でも戦争は知りたくないが、今の日本国民は平和ボケして
います。
危機意識がなく、利己主義者が横行し、偉そうにクレマーが多くなりました。
戦後他国での、近隣国では朝鮮戦争、ベトナム戦争、内戦、侵略等と絶え
ることなくありました。
国際法、国際司法裁判所、国際連合で反対しても、戦争になれば全部皆無
となります。
日本という自分の国を防衛するだけの憲法を改正しなければならないと考え
ています。
どんな形でも、プーチン大統領、ゼレンスキー大統領が「戦争の終結」を宣言
することを切に望みます。

結局、戦争は経済戦争で、資源、食料に始まる領土の侵略で、国、家族、親族、
社会も心が貧しく利己主義だから争いをするのです。
日本の人口構成から、これからは増々「戦争を知らない高齢者たち」ばかりに
なります。

令和4年3月31日
                                           小関勝紀

一隅を照らす

2022年02月28日 10:21

2022年2月22日ステーキ店を開店する顧問先があり、開店祝いに招待されました。

オーナー店主の挨拶の言葉が「一隅を照らす」(注1)という内容のものでした。
その後店主が私の席に来てまだ、店内の壁に飾る絵が決まらないとの事でした。

私のプレゼントとして頭に浮かんだのは、大きな壁画ともいかず、私が版木
として購入して所有している版画でした。

この版木は版画家・大野隆司さんの「天網恢恢疎(てんもうかいかいそ)にして
漏らさず」(注2)、「継続は力なり」、「なるようになる。なるようにしかならない」
という文字と絵のものです。

この版画が好きだったので以前から版木を購入していました。
早速翌日、作画の大野隆司さんに連絡して版木を託送して刷ってもらうことにしました。
ついでに、挨拶の言葉にあった、天台宗の最澄さんの言葉の「一隅を照らす」、
「油断大敵」という文字を入れた版画の作成を依頼しました。

油断大敵とは、比叡山延暦寺の根本中堂で菜種油を切らさず火を灯しているので
「不滅の法灯」と言われている言葉です。

以前にも、顧問先の研究所の建設祝いで、研究所の所長の挨拶の言葉の中に
「卒啄同時(そつたくどうじ)」(注3)という事をいわれたので、私は大野隆司さんの、
その言葉が彫られた親鳥が孵化直前に卵の殻を割り雛が出る瞬間の絵の版画を
持っていたので、研究所の壁に飾ってくださいと差し上げました。

私の顧問先にNHKの「アスリートの魂」という番組で取り上げら放映された、
四階級制覇した女性プロボクサーの藤岡奈穂子さんが、4月9日アメリカの
ロスアンゼルスで防衛戦があるので、スポンサーとしての私への依頼で事務所に来た時、
大野隆司の事務所の壁の飾ってある版画を見て大野隆司さんとは、藤岡奈穂子さんと
偶然にも、宮城県大崎市の観光大使を仰せつかっているというのです。

このNHKのアスリートの魂の番組の翌週が、関取の嘉風でしたが、つい先日の2月5日に
招待があり国技館での断髪式に出席しました。

嘉風は中村親方として元稀勢の里が荒磯親方として二所ノ関部屋を引継ぎますが、
中村親方はこの部屋付きの親方となります。

今の朝ドラでおなじみのルイ・アームストロングのオン・サニーサイド・オブ・ザ・スリート
(On the Sunny Side of the Street)の歌詞にあるように、お天道様の当たる明るい道を進み、
日陰を歩む事のないように努力しましょう。

私が照らすのは、薄くなった頭のテッペンばかりで何の役にもたちません。

令和4年2月28日
小関勝紀


(注1)「一隅を照らす」
平安時代に天台宗を開いた最澄の「一隅を照らす者、これ国の宝なり」という言葉です。
一人ひとりが自分のいる場所で、自らが光となり周りを照らしていくことこそ、私たちの
本来の役目であり、それが積み重なることで世の中が作られる。

(注2)「天網恢恢疎にして漏らさず」
善は必ず栄え、悪は必ず滅びる。天の網の目は一見粗いようだが、決して悪を見過ごす
ことはない。悪行には必ず天罰が下るということ。

(注3)「卒啄同時」
鳥の雛が孵化して卵から出ようと鳴く声と母鳥が殻を突くのが同時であるという意味から、
禅宗で師匠と弟子の呼吸が一致するときに悟り得られるという意味です。

今年の干支は壬寅(みずのえのとら)年

2022年01月31日 13:12

令和4年の壬の寅の今年は、1972年(昭和47)から、沖縄返還50周年、
日中国交正常化50周年という半世紀経過の年でもあります。

干支は十干(じっかん)と十二支(じゆうにし)を略した漢字である。
十干とは、甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・
己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)とあり
太陽を象徴とした生命の循環を表す十種類。

十二支は、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・
未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戊(いぬ)・亥(い)と月を象徴した生命の循
環を表す十二種類。

古代中国では、万物はすべて「陰」と「陽」の2つの要素に分けられると
する「陰陽説」とすべて「木」、「火」、「土」、「金」、「水」の5つの要素から
なる「五行説」(注1)という思想を「陰陽五行説」を「十干」にあてはめる
ようなった。

十二支は、もともと12ケ月の順を表す呼び名に、12種の動物をあては
めたとする。「干支」は「十干」と「十二支」が組み合わさり60通りとなり
60年で一巡することから、人間では還暦まで毎年干支が異なることを
意味します。
二つの組み合わせの一番目は「甲子・きのえね・こうし」から始まって、
六十番目の「癸亥・みずのとい・きがい」で終わるので還暦と呼ばれる
所以です。

因みに、私の生まれた西暦1948年昭和23年は、戊子(つちのえね)とな
り、還暦を迎えた西暦2008年平成20年は、60年目なので戊子となります。
2月7日で74歳となります。
十干は、日の順に10日ごとの「一旬」と呼び上旬、中旬、下旬と3つの旬
で一か月として使われていた。
今年の干支は壬寅(みずのえとら)となる。毎年占い師が、色々と予測を
しますが、兎に角コロナの終結、世界の平和・安念を祈るだけです。
「壬」は「妊」の「はらむ」「生まれる」という意味と、「寅」は「演」が由来か
ら「人の前に立つ」、「演」と「延」から延ばすという意味の組み合わせか
ら、生まれたものが成長すること、新しく立ち上がる事と縁起の良さを
表しているとの事です。

なぜ十二支に猫はないのかという猫好きの人もいるが、虎はネコ科であ
るから代行しているので、虎も猫も同じではないか。猫を認めたら鹿、熊
も名乗り出ます。

魚に虎は、鯱(シャチ)ですが、鯱は獰猛な動物です。
虎の諺も色々ありますが、「虎穴に入らざれば虎子を得ず」、「虎の威を
借りる狐」、「虎視眈々」といい意味も、悪い意味もあります。
甲子園球場は「甲子」、戊辰戦争は「戊辰」、辛亥革命は「辛亥」の干支か
ら名付けたものです。

(注1)陰陽五行説
中国の戦国時代の斉の鄒衍(すいえん)という陰陽家は、天地のあらゆる
物すべての現象は五行からなるという、陰陽五行説
木  火  土  金  水
東  西  中  南  北
春  夏  土用 秋  冬
青  赤  黄  白  黒
肝臓 心臓 脾臓 肺臓 腎臓
個人的に昨今、五輪塔の墓の建立をしましたが、塔婆はこの五輪塔を表
しますが納骨のため作成を依頼をしましたが、これは人の体を表していて、
空(体型)、風(呼吸)、火(体温)、水(血液)、地(骨格)という五を表現するもの
とされている。
陰は月、陽は太陽です。
五という文字から、五濁悪世(ごじょくあくせ)、五陰盛苦(ごおんじょうく)、五
体投地(ごたいとうち)も思い出した言葉です。

令和4年1月31日
                                     小関勝紀

母死す

2021年12月28日 11:23

新年あけましておめでとうございます。

新年早々縁起の悪い題で申し訳ございません。

母アイ子は大正14年生まれの96歳で令和3年12月6日息を引き取った。
父保勝大正13年生まれの96歳で、昨年令和2年12月5日に亡くなった。
父の一周忌を11月13日に執り行ってホットしていたが、母アイ子は追う
ように亡くなった。
戦後の昭和21年頃結婚したものと思われますが、青春時代は戦争で、
戦後の貧しさの中での生活していたのですが、貧しさから逃れようと
必死に生活していたものと思われます。
昨年はコロナ禍のなか父の通夜は出来ず、告別式は近親者だけで執り
行ったが、母はコロナも解禁となり通夜、告別式は執り行う事としました。

でも通夜のお清めのおもてなしは、葬儀屋からはしないでほしいとの事
で、中止しました。
喪主の私のお別れの挨拶の言葉に、二人の両親を無事に見送ることが
出来た事は、私の終活の一つが終わりましたと話しました。

我が小関家では、初めての不幸なので、墓がまだありませんでしたので、
所沢に五輪塔の墓を建立したので、二人とも納骨はできるようになりました。

我が小関家は、昭和39年4月北海道様似町の日高本線始発駅から皆に
送られて、東京に移転することとなったが、母の意向がかなり強く働いた
決断と思っている。
両親とも、東京には来たこともないのに、よく決断したものと思います。
もし、東京に移転しなければ、私も東京で仕事をしていないと思います。

人の誕生は、自分の意思では選択できないが、人の死亡はある程度は
自分の意思で選べる事が可能です。

冗談で、PPKでなくNNKで死にたいと言っていますが、PPKとはピンピン
コロリ、NKKとは寝(N)たきり、認知(N)のコロリで、PPKを合言葉にウォー
キング等体には気を付けていますが、私の場合はどのように亡くなりますか。

人間生まれるよりも、亡くなる方が葬儀、相続の手続きで大変な手間です。
母なる大地、母なる海、地母神と母は讃えられるが、父なる空と父は言わ
れるだけです。

日本神話で女神は「イザナミ」、男神は「イザナキ」というが、男女が誘う(い
ざなう)ことが語源とのことです。
また、妻は山の神・稲妻として怖がれる存在でもあります。

改めて仏説父母恩重経(ぶつせつふぼおんじうきょう)の経典を唱え心を改めます。
              
令和3年12月31日
                                        小関勝紀