FC2ブログ

令和2年10月1日中秋の名月の日   今日一日の出来事

2020年10月30日 10:12

今、10月1日当日の「中秋の名月」の夜に、書き込んでおります。

毎年予約して行っていた、鴨料理屋さんの予約が、10月1日朝5時
から、12月から3月の予約を受付ける浅草の鴨料理さんがあり、
毎年の事の様に、朝5時から予約電話しましたが、通話中で繋がり
ません。昨年も電話が繋がらず予約が取れず断念した経緯もあり、
今年こそはという心境の中、何回も電話しましたら、朝6時半頃に
やっと繋がり、二回の予約が取れました。
予約が取れ、気をよくしてホットした気分で、毎日のウオーキングに
出かけました。

この時期は、太陽の日の出と月の入り時間が同じくらいで朝の中秋
の名月の満月は沈んで見る事が出来ません。

太陽と月は、私は常に意識しており、阿弥陀三尊とは、阿弥陀如来・
観音菩薩・勢至菩薩ですが阿弥陀如来は太陽で熱(体温)、勢至菩薩は
月で水(血)、観音菩薩は光(目)で明かりを司るといわれる。
だから、女性の血の廻りは、月のサイクルで廻るので月経・初潮とい
われています。

本日は、「中秋の名月」でもあり、カッターナイフを持ち、ウォーキング
の途中で不忍池の周りにあるススキを切って部屋に飾る予定でした。
昨日から、何となく金木犀(キンモクセイ)の香がするので、金木犀の
木を探したら蕾になっていたので、金木犀の枝もついでに切って、また
またついでに白と赤の曼殊沙華の花も切って、花瓶に飾ったテーブル
でこの文書を入力しております。

ススキは、茎が硬く手では切れずカッターナイフでなければ切れない
事は、子供の頃から山に出かけて萩の木と採取していたので、経験
したことを忘れていませんでした。
今年は曼殊沙華は、お彼岸に咲くのに遅く、金木犀(キンモクセイ)の
花は文化の日当たりに咲くイメージなので早く、気候異常なのかと感
じながらの徘徊しておりました。

また、本日は東京大学病院の目の検査の予約もあり、朝9時には行
きました。

この検査は、「網膜・静脈欠乏症」と血管異常から発生することなので、
目の血管を検査するために、蛍光眼底造影検査で造影剤を血管に
入れるために、点滴をしました。
つぶらな瞳を、何回も眼底カメラで撮影されました。色々の検査・診察
の度に、本人確認のため、いちいち名前・生年月日を聞かれ、回答し
ていると痴呆症の老人になったような錯覚になりました。
検査結果、網膜光凝固術というレイザー治療をした方が良いという事で、
又後日と言われたが、やっと時間を取って来たので、本日レイザー治療
をすることとなり、丸一日を要した。
造影剤の点滴は、尿が真黄色となりますと言われていた通り、ビックリ
するくらい真黄色で便器を汚しました。点滴で、血管に造影剤が入り
真黄色の尿になって出るとは、人間の体のメカニズムの凄さを感じます。

今年は、二頭サラブレッドを取得しましたが、牡馬はブラックタイドの
子は、ジオパークタイド、牝馬のリオンディースの子はジオパークルーナと
中秋の名月に相応しい名前にしょうと考えてつきました。
タイド(Tide)は英語の、月の引力による潮の満ち引きの潮汐、またルーナは
イタリア語の月という意味と孫の名前が「優月」なので、中秋の名月に
因んで「月」の名前に拘りました。

イタリア語では、「ルナ」が一般的ではありますが、「ルーナ」と末永く
元気という意味もありの命名です。
「天高く馬肥える秋」ですが、サラブレッドは肥えては駄目で、馬体を
絞らなければなりません。
珊瑚は満月に産卵、人間の出産は引き潮、蟹・海老の脱皮は月の
サイクルで繰り返すので月夜の蟹といって味が落ちると言われます。
月は「ツキヘン」、「ニクヅキヘン」と漢字では多く用いられますが、
ニクヅキヘンは形を作りおさめることを意味して内蔵は心臓、肝臓、
腎臓、膵臓、脾臓とニクヅキヘンが付きます。
日本では、森山加代子、ザピーナッツの「月影のナポリ」でお馴染み
ですが、原曲はイタリアの曲で「TINTARELLA  DI  LUNA=ティンタ
レラ・ディ・ルナ」でミーナ・マッツィーニの曲です。
高校生時代に聞いた「月影のナポリ」というミーナの曲を思い出し、
ナポリのポンペイ遺跡に行った事を思い出し感傷に慕った秋の夜長
の一日でした。

「秋深し隣は何をする人ぞ」松尾芭蕉、
「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり」奥の細道・松尾芭蕉、
「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にざ驚かれぬる」藤原敏行、
「木犀の香や名月は曇りけり」正岡子規の一句。

でも、中秋の名月を見ようと努力したのですが、ビルの陰、曇りで
見る事ができませんでした。なんとツキのない事。

令和2年10月31日
                                     小関勝紀
~~~~~
月と太陽に関わるエピソード
日本神話にある天照大神(太陽の女神)が「天の岩戸」にかくれたため、
世の中が暗闇になったという話は、皆既日食が題材になったといわれ
ています。

イギリス南部の平原にストーン・ヘンジとよばれる巨石は円形にならべた
石器時代の遺跡は日食と月食の観測装置らしいことがわかりました。
スポンサーサイト



雇用形態と働き方改革   安倍政権から菅新政権誕生

2020年09月29日 17:17

私が、新卒で社会人になるときは、会社への就職は学歴社会で年功
序列・終身雇用制が当前で、正規社員としてホワイトカラー業務に就職
というメンバーシップ型雇用形態でした。 

猛烈社員といわれ、満員電車でギュウギュウに詰め込まれ通勤する
のが、当たり前でした。
会社の朝の就業の女性社員仕事は掃除から始まり、社員各人のお茶を
用意することから仕
事は始まりました。
でも、クレイジーキャツの植木 等の歌の歌詞に「サラリーマンは気楽な
稼業ときたもんだ~」 にあるような社員もおり気楽な社員=フラリーマン
も多くいました。
お神輿経営といってワッショイワッショイと神輿を担ぐものもいたが、ぶら
下がっている社員もいたという事です。
義理・人情・恩情主義の雇用関係でありました。
戦後はサラリーマンになるには学歴社会であるから、学歴目的の大学
進学率が増加したのだとおもいます。でも「学歴は人間を救わない」、
「学問は人間を救う」というが如し、当時は学問目的でなく、学歴目的の
進学が多かったと思います。
産業革命以来、私の子供時代は「鉄は国家なり」という重工業が主な
経済構造でした。
戦後は三白経済という、紙の白は本の出版、セメントの白は建設、砂糖
の白は菓子という経済構造が変化・進歩しました。現在は第一次産業、
第二次産業、第三次産業から、第四次産業と仕事・業務の多様化は
進んでいます。
平均寿命の延長で、長寿となり年金生活だけでは生活困窮者も増加
する中、定年退職後も就業に就くものは、確かに増加しております。
現在の年金制度は、戦後人生五十年という寿命年数で算定した制度
なので、長寿大国日本では、基金不足になるのは当然の事なので、
財源を消費税も求めるのは当たり前の事です。
ニュースでの報道で日本では、100歳を超える長寿が30,000人以上
いると聞きまさに長寿大国です。
水と治安は金で買う時代になると言われても、まさかと感じていました。
ところが、今は水も買い、治安という警備は、セキュリティ会社がはび
こっています。
治安といえば、当事務所の京橋事務所でも窓ガラスを割られ泥棒が
入り、警察に被害届を出しました。
このコロナ禍、働き方改革・インターネット普及とやらで、テレワーク
による自宅オフイスでの就業と世の中の意識も変わりつつあります。
近年法人設立の依頼が、非常に多くなりました。建設、土木業では、
企業側から独立開業を促す事が多く、本人の起業意識の高まりから
の現象かと思いきや、正規社員への退社を勧告する現象でもあります。
会社法の改正で、株式会社設立が最低資本金1,000万円の撤廃、
発起人7人で、外部から1人募集というように煩雑でなく、一人で設立
可能となりハードルを下げて簡易となった事、また合同会社で一人
ででも簡易に設立で簡易になった事によります。
各会社も正社員の雇用での負担、正社員からも給与からの社会保険
料控除を嫌うことからも一人親方を希望する者が増えていることによ
ります。

正規社員での会社負担
1.不景気になった時でも固定給与を支給しなくて済む
2.社会保険料、労働保険の負担がなくなる
3.年功序列の終身雇用制ではピラミッド型の組織が維持できない
4.定年退職者の嘱託としての雇用形態・一人親方としての業務委託
 契約形態
5.非正規社員の雇用・派遣社員・契約社員・アルバイト・海外研修生等
 の方が会社と社員の両者拘束ない

独立での一人親方を希望する考え方として
1.手取りが多くなる
2.雇用契約での、時間の拘束がなくなる

JOB型雇用形態、メンバーシップ型雇用形態、年功序列型終身雇用
制度とコロナ禍で変化は増々変化するものと考えております。
いつの時代も「二度と来ない今日を大切に生きたい・働きたい」と考え
ております。
私は、自由業でいいでねと言われるが、不自由業で時間の拘束は
相当のもので、
フラリーマンになりたい毎日です。

令和2年9月30日
                                    小関勝紀

現代日本の会社法の時代的変遷

2020年08月31日 13:41

顧問先に大正8年11月11日(西暦1919年)会社設立の会社があります。
戦後まもなくの昭和20年設立の顧問先は何社かありますが、大正時代設立はかなり古い
会社となります。
50年前学生時代の経営学で「企業の社会的責任」とは、死語に近かったのが、今ではCSR
(Corporate Social Responsibility)と、日常生活に普通に話題になる時代です。
今日では、SDGs(Sustainable Development Goals)と「持続可能な開発目標」と普通に話題と
なります。
昨日も、上場企業を目指して頑張りますという、若手の代表と会いましたが、そんなことから
会社法の変遷を考えていました。ただ、上場はコンプライアンス、株主持分割合、収益等と
かなり利益を上げて、金融商品取引法の遵守等と簡単ではないが、その上場時はお手伝い
しますと話しました。
現在は所得税の累進課税回避のため、税金軽減対策のため、同族会社として法人成りとし
て会社設立するケースがほとんどです。また、法人格としての社会的信用もあります。
会社法は、同族会社の取締役の方に話すのは、基本的には取締役等を保護するための
法律でなく、株主及び債権者等のステークホルダーを保護するための法律であると。
昔は民法33条の会社法に則り、社団法人、公益法人、協同組合、医療法人、宗教法人等は、
定款作成して法人設立を行っていました。
現在は、特例民法法人として旧民法第34条法人から新制度への移行されている。
この民法の特別法として、明治32年(1899年)商法が制定され、商法の特別法として昭和15年
1月1日有限会社法が制定・施行されました。現在は、商法、有限会社法の改正が平成26年の
会社法と変遷されました。

世界最古の法人化の基本はソキエタス(societas)、コンメンダ(commenda)※1の融合形態が
合資会社・合名会社とよぶ企業形態とほぼ同一のもと考えられますが、法制的には1573年
コルペールの編纂(へんさん)したフランス法典に初めて現れ、この思想が日本に現在も生き
ている。この思想が日本に現在も生きている。
株式会社の起源は1602年設立のオランダ東インド会社であるとされている。
日本では、最初の株式会社の設立は、福沢諭吉のアドバイスにより、丸屋商会(現在の丸善・
丸屋善七)とされている。その後国立銀行が渋沢栄一らにより株式会社として銀行業務が
発足することとなる。因みに三越は三井と越後屋の合併から成り立った会社ですが、株式会社
としての発足は、1904年(明治37年)である。
日本においては明治23年(1890年)にお雇い外国人としてフランスのボアソナード教授を招聘し、
明治31年(1898年)民法が施行される。
民法の特別法として翌年明治32年(1899年)ドイツのロエステル教授が中心となり、ドイツ、
フランスなどの大陸法系としての立法例に比する商法が施行され、令和2年で111年目となる。
その後日本の商法は経済法として経済構造の変化の時代の流れとともに何回も商法の改正
か行われ変遷して、平成26年施行の現在の会社法となります。
本来会社法は、「所有と経営の分離」が基本思想であるので、出資者としての株主と経営者が
前提で法が作られているので、分配(=配当)、資本金という概念のもとに複式簿記※2が誕生
することとなる。
簿記は英語ではBOOK KEEPINGですが、簿記と訳したのは、福沢諭吉とされている。
簿記・算盤もわからず、職業会計人になるとした、未公認会計士の私が怖い。



※1ソキエタス、コンメンダ
合名会社の起源である中世ヨーロッパの内陸商業都市を中心に発生したソキエタスとい
う共同企業に求められ、合資会社は中世イタリアのヴェネツィアやジェノバといった海岸
商業都市において発展したコンメンダという商業利潤の共同分配を条件として、一方の
当事者である資本家が貨幣または商品を相当方たる商業活動の担当者に委託し処分
させる行為または制度。
このソキエタス、コンメンダに関する最古の法規が1063年イタリアのツラニの法令である
が、このときより所有と経営の分離による出資者としての株主と経営者が前提で法が作
られている。

※2複式簿記
1494年ルカ・パチョーリ(イタリアの数学者)が考えたとされている。
総勘定元帳の締め切り時、赤い色の罫線で行なうのは、その当時経理担当者の潔癖・
公正・真実等を示すため自分の血を用いたことに由来している。
日本の商業学校の校章に蛇か表されるのも、中世イタリアでは蛇は商業の神様である
ので、模倣したものである。
因みに、家計簿、国家予算は単式簿記です。

令和2年8月30日
                                              小関勝紀

氷河期

2020年08月03日 09:57

今は、就職氷河期とかコロナ氷河期とか、氷河期世代とかいわれている。
そのうち、コロナ世代とも言われるかもしれません。
20億年とか、23億年前の地球は全球凍結(Snowball Earth)といって、地球
全体が氷床に覆われていた時代を氷河時代といわれています。
先日、火球が大気圏突入して関東上空で爆発音とともに目撃され、火球と
なり隕石として千葉・習志野市で破片が発見されました。
全球凍結の地球全体の氷河は、巨大な隕石が地球に衝突して噴煙で太陽
光線が妨げられ氷河時代を迎えたという説です。

日本時間の29日に、フランス南部で建設中の国際熱核融合炉「ITER(イーター)」
の2025年運転開始目指す開始式典が開催された。核融合炉は太陽が輝く
原理と同じ起こすため「地上の太陽」と例えられる、燃料1グラムで石油8トンと
同等のエネルギーが得られるとのことです。
日本も磁場を作るための巨大コイル19基のうち9基を製作して、建設費の約
9%を負担しているとの事です。地球温暖化抑制、地球環境を守るためには、
地球規模の協力が必要なのに、自国の防衛ばかり考え、地球はグローバル
の丸形ではなく、オーバルな楕円形になっているように思えます。
最後の氷河時代(第四紀氷河時代)は、約260万年に始まり現在ではグリーン
ランド、北極、南極大陸に氷床が存在している。また、氷河時代が来るという
説もあります。
そして、地球温暖化による永久凍土の凍解による、大地の変化・環境破壊と
色々と心配が尽きません。永久凍土の凍解は、マンモス象の発掘ばかりで
なく、永久凍土から発生するメタンなどの温室効果ガスが放出され地球温
暖化を悪化される可能性があるとの事です。
高校時代の地理の授業で、世界で最低低温を記録した地区は、ロシア極東
に位置するベルホヤンスクという地名で氷点下67.8度と教わったことを覚え
ていました。そうしたら、テレビでのお天気お姉さんがこの同じベルホヤンス
クが、北極圏史上で38.0度を記録したというニュースを伝えていました。
観測史上最低気温記録どころか最高気温となる可能性が強いとの事でした。
普段でも冬は氷点下50度であるから温度差100度以上を経験する人間は、
どうして生活しているのか想像つかない。
私の北海道・様似町での子供時代は、砂浜が遊び場で、野球が出来るくらい
広く、昆布の干場としても利用できました。今は砂浜が浸食されて、ギリギリ
民家まで波が来るくらい狭くなっています。この現象は、地球温暖化による
北極・南極の氷河が解けて海面上昇により海水が増えているからと言われ
ています。
地球上では、氷河で覆われて氷河期は何回か繰り返されています。
氷河は創造と破壊を作り出すといわれる。地球内部のマグマ(注※1)の温熱
により地面と氷河の底地が融解して、水の隙間空間が出来、表面が氷河融
解時に、計り知れない力で一気に削り落とすから、アルプス、ヒマラヤ、ロッ
キー山脈、日高山脈等があのような切り立った岩肌になります。そして、
ゆっくりと氷河が浸食によって山頂直下の斜面がすくい取ったように円形に
削られた地形を「カール」といって日本では日高山脈・飛騨に見られます。
氷河が、溶けた水は、川・湖に流れターコイズブルー(トルコ石の色)になる
のかは、氷河が融解時に石と石が、削られる時に岩紛が発生して流れて
水に浮き太陽光線があたるとターコイズブルーになるとの事です。
 南極・北極の氷でウィスキーのロックで悠久の水割りを飲みながら、国際
情勢も人間の感情も、氷河に覆われない丸い地球のようになりますように。

令和2年7月31日
小関勝紀

注※1  マグマ
7月25日に、ジオパークマグマ号が、札幌競馬場5Rで、メイクデビュー新馬
戦で、3着とちょっと期待できるかもしれません。マグマという名前は、様似町
の観光大使としてマグマ大使とし委嘱されているので、期待している証です。

翡翠(ヒスイ)と黒曜石(コクヨウセキ)とさざれ石

2020年06月29日 16:12

毎年、東京競馬場のダービーの観戦に行っていましたが、今年の
第87回のダービーは、コロナウイルス感染の影響により無観客で
開催されましたので、競馬場での観戦できませんのでテレビでの
観戦となりました。

競馬場では、昼ごはんをとりながら、ビールばかり飲んで大騒ぎ
していたので、毎年イベントとして昼休みに国家君が代の独唱・
吹奏楽団の演奏があることを知りませんでした。

テレビ観戦なので、平原綾香の独唱による、「君が代 注※1」を聞き、
また歌詞を改めて嚙み締めることができました。

「君が代」の歌詞に、「さざれ石・細石」とありますが、どんな石なのか。
細石というように小石の塊の礫岩が大きな巌となり、さらにその上に
苔が生えるまで国家が繁栄することを願う歌詞です。
王朝が一度も滅びることなく続いている世界最古の国が日本で、長い
歴史が当たり前と思っていませんか。
今日では、苔が生えるのではなく、コロナ菌が生えていますが。
この頃、富士山・浅間山の火山爆発があった時の関東地方での被害が
話題となる事が多いが、旧石器時代以前に、富士山、浅間山の火山灰
からなる火山灰地の地層を関東ローム層といいます。
相沢忠洋さんが、昭和24年群馬県岩宿でこの関東ロームの下の地層
から「黒曜石」の石槍を発見しました。
この黒曜石の石槍の発見が日本には、関東ローム層の地層以前に、
人類が存在していたと、日本の考古学研究を変えたのです。
決して、発掘調査で最古の石器としてばらまいてゴットハンドと言われる
人が虚偽で出土したものではありません。
黒曜石は、人類が発明した最も鋭い刃物といわれています。

日本国での、現在では最古の石器は、野尻湖のナウマン象の発掘で
採取された、「月と星」という、まな板と包丁の役割を果たした石器です。
黒曜石も、この野尻湖のナウマン象の発掘でも、沢山発見されています。
黒曜石は、長野県霧ヶ峰高原の和田峠、北海道の十勝地方で出土され
ますが、縄文時代には鏃(やじり)として加工され、日本全国から出土され
ていますが、物々交換としても、海を渡りどのようにして、この黒曜石が
流通したのか、古代人の移動した行動はすごいです。

テレビ番組で糸魚川周辺の海岸で翡翠の原石を探しているシーンがあり、
この頃は翡翠も黒曜石も、気になっていた。
この糸魚川には翡翠が出土しますが、貴重な「地質の宝物」をユネスコ
世界ジオパークとして、認定されている一つの糸魚川です。
糸魚川は、野尻湖のナウマン象を発見した、同じナウマン氏が発見した
大地溝帯(フオッサマグナ)の端にあたるところで、静岡の大井川から、
新潟県の糸魚川の地溝帯です。日本の地溝帯は、大地溝帯と中央地溝帯
と二つあります。

三種の神器は鏡、剣、勾玉(まがたま)ですが、勾玉はこの翡翠から、
作られています。
古事記に出てくる日本神話の神々は首に勾玉を付けております。

翡翠は糸魚川、黒曜石は長野県の和田峠、北海道の十勝地方と
産地が特定されていますが、日本各地から発見されいますが、
どのような物流で伝わり古代人はどのように入手できたのか
不思議でならない。
そのうえ、勾玉も鏃も、現代のような加工する機械・道具のない
時代に、どのように加工・製作をすることが出来たか不思議です。
私は、黒曜石の原石をもっていますが、眺めながら鏃を加工・製作
するのか考えますが、とてもできません。
今度、糸魚川に翡翠の原石を探しに行きたいと思っています。

翡翠の勾玉は「古事記」、「日本書紀」に表記される先史・古代の日本、
黒曜石の鏃は縄文時代より前の石器時代に日本各地から出土され
ますが、たぶん舟で海を渡って伝わったものと思われます。
さざれ石の歌詞のある君が代は、10世紀の「古今和歌集」の読人知らず
の和歌です。
勾玉も鏃も日本全国から出土されますが、古代人は舟で運び、内陸は
物々交換で伝わったものとされています。
君が代の歌詞の由来とされるさざれ石は、岐阜県揖斐川町春日の
「さざれ石公園」にある石灰質角礫岩とされています。
船による航行は風力による帆によって、江戸後期から明治中期になって、
菱垣廻船、樽廻船、東廻り廻船、西廻り航路、北前船が帆舟 注※2 で
北海道から、日本海側、太平洋岸からと大阪まで往来することができた
のであるが、帆舟ができるまでの古代人は海流に任せて翡翠も黒曜石の
原料の交換も、勾玉も鏃の加工技術も、舟での移動で物々交換・伝授
したといえ、凄い普及です。

 「他山の石」とは、他の山から採ったつまらない石でも、自分の宝石を
磨くのに役立てることができるという意味ですが、私の推測では、勾玉は
何らかの他の石で磨いたか、鏃という石器は、石で割って加工していた
ものと考えています。
他人の失敗から学ぶという意味から他山の石になればよろしいのですが。
今思い出しましたが、子供の頃砂浜・河原で拾い、石英閃緑岩という白い
石と白い石を叩くと火花が出る火打ち石があり、花火のように遊んだことを。

地質学では、「石や地層はおしゃべり」とか、「化石のつぶやき」というように、
我々によく話しかけてくるので、「おしゃべり」も「つぶやき」を聞いて創造
しなさいといわれます。
夏目漱石の名前は、「漱石枕流・そうせきちんりゅう 注※3」から「漱石」
と名付けたものです。
                    令和2年6月30日
                           小関勝紀
注※1
「君が代」作詞「古今和歌集」詠み人知らず、作曲明治13年林 廣守、
奥 好義
君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで
君は、キミと呼びますが「キ」は男性でイザナギの「キ」、「ミ」は女性の
イザナミの「ミ」を意味するといわれています。
「君」は「尹」(イン)と「口」からなり、尹はおさめる、つかさどる、ただす
という意味ですが、尹は杖を持った手の意であり、命令をするための
口を加えた字が「君」の語源とされている。
現代の言葉に訳すと
あなたたちの時代(次世代)は、この日本国の長い歴史を受け継ぎな
がら、一人ひとり(個性)を大事にしつつ、協力し、(この国が)末永く繁栄
するようという意味。
以前、すぎやまこういちさんの講演の中で、君が代の旋律は、陰旋法
音階の「ドレミソラ」の5音で構成され、西洋音楽の「ドレミファソラシ」の
7音ではないが、「八千代に」の「ち」の部分のみ「シ」を使い、東洋独特
の陰旋法だけでなく、西洋音楽のエッセンスも入った「和洋折衷」と言わ
れていました。世界で一番短い歌詞の国家であるとも。

注※2
本格的な船の航路は北前船の出現あたりではないかと考えておりま
すが、江戸時代中期から明治中期30年大阪と北海道を日本海回りで
商品を売り買いしながら結んでいた商船は日本の文化を変えたものです。
高田屋嘉兵衛は、明和6年(1769年2月7日)から文政10年(1827年4月30日)は、北
前船として辰悦丸で活躍した人物です。
司馬遼太郎の「菜の花の沖」の小説のモデルとなっている人物で、様似町
にも寄港しています。

注※3
「石に枕(まくら」し流れに瀬(くちすす)ぐ」と言うべきところを、誤って「石に
瀬ぎ、流れに枕す」と言ってしまい、負け惜しみが強いことのたとえ。
「石に瀬ぐ」とは歯を磨くことで、「流れに枕す」とは耳を洗うことだ、と
言ってこじつけたという故事。